« ビッグバンド・ジャズは楽し・41 | トップページ | ジックリと聴き耳を立てる盤 »

2017年1月17日 (火曜日)

良い感じのスムース・ジャズです

スムース・ジャズだってジャズである。フュージョン・ジャズもそうだったが、演奏の基本は「ジャズ」。スムース・ジャズと聴くと、スムース・ジャズは「ジャズじゃない」と切り捨てるジャズ者の方々もいるが、それはそれで感じ方、考え方の違いなので、いざ仕方ない。

ところで、バーチャル音楽喫茶『松和』のマスターこと私にとっては、スムース・ジャズは守備範囲。専門的に聴き込むことは無いが、スムース・ジャズを聴かなかったり否定したりはしたことが無いです。音楽として捉えると「良いものは良い、悪いものは悪い」。良い感じのスムース・ジャズについてはウエルカム。

さて、そんな良い感じのスムース・ジャズの一枚が、Chuck Loeb『Listen』(写真左)。1999年の作品。チャック・ローブはギタリスト。主にスムース・ジャズ、フュージョン・ジャズがメイン。平穏でムーティーな音色とフレーズが特徴。大上段に振りかぶって、仰々しいアドリブ・フレーズを展開する、なんてことは決して無い。暖かく丸くて流麗なアドリブ・フレーズ。
 

Listen_chuck_loeb

 
この『Listen』では、全ての楽曲のおいて、スムース・ジャズが貫かれている。ローブのアルバムは、全編スムース・ジャズというアルバムは少なくて、アレンジ的に捻りをいれて、バラエティーに富んだ内容を追求する向きが強いのであるが、このアルバムは違う。大向こうを張った大袈裟なチャレンジも皆無。

徹頭徹尾、スムース・ジャズしながら、アレンジは控えめに、ストレード・アヘッドなスムース・ジャズを展開する。そして、ローブはただただエレギを弾きまくる。このただただ弾きまくるところがこのアルバムの特徴で、チャック・ローブのエレギを愛でるのに最適な「弾きまくり」を聴くことの出来る好盤なのである。

これぞスムース・ジャズのど真ん中を行く好盤でしょう。リズム&ビートもシンプルで好ましいもの。これだけ、メインのエレギが太く爽やかに響くスムース・ジャズ盤も珍しい。加えて、この盤のローブのエレギは絶好調で、チャック・ローブのエレギの個性を理解するのに最適な盤とも言えると思います。

 
 

震災から5年10ヶ月。決して忘れない。まだ5年10ヶ月。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから、ずっと復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

保存

« ビッグバンド・ジャズは楽し・41 | トップページ | ジックリと聴き耳を立てる盤 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 良い感じのスムース・ジャズです:

« ビッグバンド・ジャズは楽し・41 | トップページ | ジックリと聴き耳を立てる盤 »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、 ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で、不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 青春のかけら達(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでのジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で、不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。         
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カテゴリー