最近のトラックバック

« 北欧ヤンソンのセルフ・カヴァー | トップページ | R&B系のフュージョンは良い »

2017年1月30日 (月曜日)

至極納得「シルキー・ヴォイス」

ジャズを聴き始めた時、ジャズはインストに限る、としたため、ジャズ・ボーカルは一番後回しになった。というか、オーソドックスな正調ジャズ・ボーカルは、その唄い方がどうにも苦手で、ジャズ者初心者の頃、明らかに敬遠した。

今でも、オーソドックスな正調ジャズ・ボーカルは苦手である。力強く、こぶしを回しつつ唄い上げる。これがどうにも苦手である。ということで、僕のジャズ・ボーカルの趣味は「異端」である。おおよそ、ジャズ・ボーカルを理解しているとは言えないのでは無いか。ジャズ者ベテランのボーカル好きの方々からはお叱りを受けることもある。

それでも、男性ボーカルはまだ聴く方だ。フランク・シナトラとか、メル・トーメなどは、たまに思い出したように聴く。シナトラやトーメはオーソドックスな正調ジャズ・ボーカルでありながら、ポップでクロスオーバーなところが「聴き易さ」のポイント。このポイントがあるから、僕はシナトラ、トーメを聴くことができる。

さて、一時期の厳寒な日々が一瞬緩んだ今日、突然、思い出したようにメル・トーメを聴く。久し振りにこの盤を選択。Mel Torme and Friends『Recorded Live At Marty's, New York City』(写真左)。1981年の作品。洒落たイラストのトーメが可愛い印象的なジャケット。このジャケットを見る限り、きっと内容は良い筈である。
 

Recorded_live_at_martys_new_york_ci

 
発売時は2枚組のLPだった。当時、僕はまだ学生。苦手なジャズ・ボーカルのLP2枚組に投資する余裕は無かった。が、有り難いことに、例の「秘密の喫茶店」にこのメル・トーメの2枚組LPはあった。早速、かけてもらった。そして、この男性ボーカルは大丈夫だ、と思った。

メル・トーメは、オーソドックスな正調ジャズ・ボーカルでありながら、ポップで柔らかでライトなところが個性。シルキー・ヴォイスと形容される滑らかな歌唱。適度にエッジが丸いボーカルが特徴で、スタンダード曲ではポップで明るい曲がピッタリ。スインギーな歌唱ではあるが、ジャジーなスイング感というよりは、ポップス・ソングなスイング感と形容したほうが良いか、と思う位の軽やかなスイング感。

そして、このLP2枚組の僕のお目当ては、2曲目の「New York State Of Mind」。米国ポップ・ロックの雄、ビリー・ジョエルの名曲、ニューヨーク讃歌である。もともと僕は、この曲についてはビリー・ジョエルのオリジナルが大好き。この曲は歌が上手く、情感を込めて唄える歌い手にしか扱えない、珠玉の名バラード。そんな難曲をいとも容易くメル・トーメは唄い上げていく。

メル・トーメは1925年生まれなので、このライブ盤を録音した頃は55〜6歳である。ボーカリストとしても人としても一番充実した時期である。他の楽曲についてもメル・トーメのボーカルは絶好調。メル・トーメの代表作の一枚であろう。ジャズ者初心者からジャズ・ボーカル者ベテランの方々まで、広くお勧め出来る男性ボーカル盤である。

 
 

震災から5年10ヶ月。決して忘れない。まだ5年10ヶ月。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから、ずっと復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

保存

保存

保存

保存

« 北欧ヤンソンのセルフ・カヴァー | トップページ | R&B系のフュージョンは良い »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/69428136

この記事へのトラックバック一覧です: 至極納得「シルキー・ヴォイス」:

« 北欧ヤンソンのセルフ・カヴァー | トップページ | R&B系のフュージョンは良い »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ