« ブッカー・リトルのラスト盤 | トップページ | こんなアルバムあったんや・72 »

2016年12月11日 (日曜日)

こんなアルバムあったんや・71

B.B.KIng。1925年生まれ、惜しくも昨年2015年5月の逝去している。米国の有名なブルース・ギタリストの一人。「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のギタリスト」において第6位。幼少時に教会でゴスペルを歌っていた経験があることから、ゴスペルシンガーのような強力な歌声が魅力のボーカリストでもある。

が、僕は昔々、40年ほど前、高校時代からFMで、このB.B.KIngの演奏やボーカルをしばしば耳にしたのだが、当時はその良さがサッパリ判らなかった。ロックギタリストの音に比べれば地味、テクニックも目を見張る程の驚愕ものでは無く、ボーカルはオーソドックス。どこが良いのか、サッパリ判らず、アルバムに手を伸ばすことも無かった。

しかし、このアルバムを聴いて、その印象派ガラッと変わった。B.B.KIng『Midnight Believer』(写真左)である。1978年のリリース。聴けば直ぐに判るのだが、このアルバムは、B.B.KIngの「フュージョン盤」だと理解している。パーソネルを見渡して、ちょっとビックリするんだが、この盤は、B.B.KIngとクルセイダーズとの共作です。
 

Midnight_believer

 
へ〜っ、当時、B.B.KIngサイドは思い切ったチョイスをしたもんだ。ということで、内容的には、B.B.KIngの十八番であるブルースを超えて、完全にフュージョン仕立てのブルースになっています。特に、ジョー・サンプルは大活躍してます。B.B.KIngとの共演ということで気合いが入っていたのでしょうね。

しかし、あくまでベースはB.B.KIngのブルースで、そこにクルセイダーズがしっかりとサポートに回っているという感じの音作りで、僕はこの盤で、やっとB.B.KIngのブルースに親近感を覚えました。というか、この盤を切っ掛けにB.B.KIngのアルバムに耳を傾ける様になった、記念すべき盤です。

まあ、今の耳で聴き直してみて、完全にブルースというジャンルの音世界を完全に超越していて、明らかにフュージョン仕立てのブルースになっています。が、これはこれで、アーバンで小洒落た今様のブルースが聴けて、なかなか「乙なもの」があります。B.B.KIngとしては、異色のアルバムですが、僕にとっては、この盤は「あり」ですね。

 
 

震災から5年9ヶ月。決して忘れない。まだ5年9ヶ月。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから、ずっと復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

保存

保存

« ブッカー・リトルのラスト盤 | トップページ | こんなアルバムあったんや・72 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: こんなアルバムあったんや・71:

« ブッカー・リトルのラスト盤 | トップページ | こんなアルバムあったんや・72 »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、 ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で、不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 青春のかけら達(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでのジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で、不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。         
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カテゴリー