« プログレバンドのXmasソング | トップページ | Shanti 初のカヴァーベスト盤 »

2016年12月26日 (月曜日)

音楽喫茶『松和』の昼下がり・46

クリスマス週間もあっという間に終わり、もう年の瀬である。今年もあと5日で終わり。年の瀬は「穏やかに」過ごしたい。特に、昼ご飯を済ませた、この年の暮れの昼下がりには、本当に「穏やかな時間」が欲しいなあ、と心から思う。

さて、この年の暮れの昼下がりを穏やかに過ごすには、ジャズは「ピアノ・トリオ」が良い。それも、オーソドックスな、ハードバップな、何処から聴いても「ジャズ」を感じることができる「ピアノ・トリオ」盤が良い。

ということで、今年の新盤からこのアルバムを選択。Massimo Farao Trio『Groovin’』(写真左)。2016年3月の録音。ちなみにパーソネルは、Massimo Farao (p),  Aldo Zunino (b), Steve Williams (ds)。ビーナス・レコードからのリリース。

Massimo Farao(マッシモ・ファラオ)は、人気イタリアン・ピアニスト。1965年3月生まれなので、今年で51歳。中堅〜ベテラン・ジャズメン。端正でダイナミック、小粋にスマートにスイングするピアノが個性。そんな人気イタリアン・ピアニストの完璧なハードバップ盤。徹頭徹尾「ジャズの見本」の様な盤。

収録された曲は以下のとおり。どうやって選んだのか、とにかく「渋い渋い」スタンダード曲がずらりと並ぶ。皆が知っている、初心者向けの「ど・スタンダード曲」を選んでいないのが良い。このラインアップは「ジャズ者初心者向け」ではないだろう。これは「ジャズ者上級者向け」でしょう。
 

Massimo_farao_groovin

 
 
1. It's All Right With Me (C. Porter)
2. If I Should Lose You (R. Rainger)
3. It's A Blue World (R. Wright)
4. For Sentimental Reasons (W. P. Best)
5. Awful Mean (J. C. Adderley)
6. Bye Bye Blackbird (R. Henderson)
7. Sugar Ray (P. Newborn, Jr)
8. The Nearness Of You (H. Carmichael)
9. Teach Me Tonight (G. De Paul)
10. Temperance (W. Kelly)
 

端正でブルージー。清々しいファンクネスが爽やか。さすが、イタリア産のハードバップ・ジャズである。とにかく、カッチリと作り込まれている。絵に描いた様なハードバップ。ベースはブンブン唸りを上げ、ドラムはストンすととん、とスインギーにリズム&ビートを供給する。聴いていて「あ〜ジャズって良いなあ」と唸ってしまう。

あまりに絵に描いた様なハードバップなピアノ・トリオ盤なので、もしかしたら、硬派なジャズ者の方々からしたら「こんなん聴けへんわ」と敬遠するかもしれませんが、そんな野暮なことを言ってはいけません。

暮れも押し詰まった頃、慌ただしい暮れを穏やかに過ごすには、オーソドックスな、ハードバップな、何処から聴いても「ジャズ」を感じることができる「ピアノ・トリオ」盤も良いもんですよ。こだわりを捨てて、一時、楽しみましょう。

 
 

震災から5年9ヶ月。決して忘れない。まだ5年9ヶ月。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから、ずっと復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

保存

保存

« プログレバンドのXmasソング | トップページ | Shanti 初のカヴァーベスト盤 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 音楽喫茶『松和』の昼下がり・46:

« プログレバンドのXmasソング | トップページ | Shanti 初のカヴァーベスト盤 »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、 ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で、不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 青春のかけら達(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでのジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で、不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。         
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カテゴリー