最近のトラックバック

« ながら聴きにビートル・ジャズ | トップページ | チックとハービーの連弾ライブ盤 »

2016年11月22日 (火曜日)

Queenの初期の頃のライブ音源

1991年11月24日、フレディー・マーキュリーはこの世を去った。45歳という若さであった。クイーン(Queen)という歴史的なバンドの終焉であった。クイーンは正式に解散したことは無い。しかしながら、ボーカルにフレディーのいないクイーンは、やはりクイーンでは無いと思っている。

最近、クイーンの初期の頃のライブ音源が発掘〜リリースされている。クイーン者の私としては喜ばしい限りである。最近聴いた2枚がこれ。Queen『A Night At The Odeon - Hammersmith 1975』(写真左)と『On Air』(写真右)。

前者はクイーンが1975年12月24日にロンドンのハマースミス・オデオンで行ったコンサートの模様を収めたライヴ作品になる。「Queen invite you to A Night At The Opera」と名付けられたツアー最終日、当日のフルセット音源全19曲を収録していて、充実のCDセットである。当時のコンサートを追体験出来るようだ。

「このコンサートは特別だった。ライヴをまるまるTVで生中継したのは、この時がはじめてだったからだ……クリスマスのライヴだった」とブライアン・メイ。クイーンが名実ともにメジャーなロックバンドとして認められた瞬間だった。1975年のライブ音源としてはクオリティは高い。修復とデジタル・トランスファーが見事だ。

後者はクイーン初期の貴重なBBCセッション音源を、一挙まとめてリイシューしたもの。一挙まとめてくれて、クイーンのBBCセッションが聴き易くなった。1973〜77年に掛けてレコーディングされた6回のスタジオ・セッションをすべて収録していて、これまた充実のCDセットである。
 

Queen_live_2016

 
『Queen』『Queen II』からの楽曲がふんだんに聴けるところが良い。「Keep Yourself Alive」「Liar」「Great King Rat」「Son and Daughter」「Ogre Battle」「White Queen 」「Nevermore」などなど。高校時代に「Queen」「Queen II」そして「Sheer Heart Attack」を聴き込んだ僕達にとって、宝物の様なライブ音源だ。

以前、クイーンのBBCセッションはブートで出回っており、購入に骨が折れた。しかし、今回はオフシャル盤である。音質も改善されており、もうブートに頼ることも無い。1973〜77年の音源とあるが、1973〜74年そして77年というのが正解。74年から77年までいきなり飛ぶが「A Night at the Opera」と「A Day at the Races」のBBCセッションの音源は存在しないので仕方が無い。

僕達が高校〜大学時代、クイーンのライブ盤と言えば『Live Killers』しかなかった。20歳代の1980年代でも『Live Magic』と『At the Beeb』の2枚があるだけだった。そんな頃に比べれば、今では『Live at Wembley '86』はあるわ、『Queen Rock Montreal』はあるわ、今回の2枚はあるわ、クイーン者として、本当に充実した時代になった。

高校1年生の冬、先輩Nさんのお陰で、早い時期に『Queen』『Queen II』を聴き込ませてもらった。高校の中で真っ先にクイーンを評価し、校内のロック者にいち早く広めた我が映画研究部。今でもこの思い出話が同級生の間で話題になる度に、なんだか、ちょっと得意げになってしまうんやな〜。遠い遠い42年ほど前の話である。

 
 

震災から5年8ヶ月。決して忘れない。まだ5年8ヶ月。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから、ずっと復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

保存

« ながら聴きにビートル・ジャズ | トップページ | チックとハービーの連弾ライブ盤 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/68540875

この記事へのトラックバック一覧です: Queenの初期の頃のライブ音源:

« ながら聴きにビートル・ジャズ | トップページ | チックとハービーの連弾ライブ盤 »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ