最近のトラックバック

« ペテルブルク出身のピアニスト | トップページ | ジミ・ヘンのライブ音源・1 »

2016年11月 2日 (水曜日)

Paul Jackson Jr.の初ソロ盤

スムース・ジャズって、ムーディーで耳当たりの良い響きがメインなので、どうにも、硬派なジャズ者の方々からは受けが悪い。でも、テクニック優秀、アレンジ優秀、歌心満載、アドリブ全開な内容となると、スムース・ジャズだって、意外と聴き応えがある。なかなか隅に置けないスムース・ジャズの好盤もあったりして、なかなか目が(耳が)離せない。

このアルバムなど、スムース・ジャズの好盤の一枚として、我がバーチャル音楽喫茶「松和」では時々選盤される。Paul Jackson Jr.『I Came to Play』(写真左)。1988年のリリース。ポール・ジャクソン・ジュニアのソロ・デビュー作。

とにかく器用なギタリストなので、あれもこれもと、とっちらかった雰囲気がするが、全編「しっかりと芯が入っていて太い」エレギの音で貫かれている。この印象的なエレギの音、ポール・ジャクソン・ジュニア独特の個性である。

ポール・ジャクソン・ジュニア(Paul Jackson Jr.)とは、1959年ロスアンジェルス生まれ、柔軟性を持つ有名セッション・ギタリスト。セッション・ギタリスト出身の、テクニック「バリバリ」+歌心「満載」+演奏の「幅が広い」ギタリスト。典型的なセッション・ギタリストで、その参加セッションの多さから「セッション王」と呼ばれることもある位である。
 

I_came_to_play

 
さて、このアルバム、内容的には典型的なスムース・ジャズ。様々なスタイルの演奏のてんこ盛りなのだが、このてんこ盛りな音楽性が、このポール・ジャクソン・ジュニアの特質である。但し「八方美人的」な雰囲気は全く無い。ポール・ジャクソン・ジュニアの個性的なエレギの音によって、一本筋の通った統一感がある。

彼はギターを弾きながら歌を歌うのですが、これがまた良い。味がある。この歌の存在が「スムース・ジャズ」である。女性シンガーが微妙に絡むところなんかも「スムース・ジャズ」。でも、ポール・ジャクソン・ジュニアの「しっかりと芯が入っていて太い」エレギの音のお陰で、アルバム全体の雰囲気が「甘くならない」。

ファンクネスも適度に漂っていて、リズム&ビートは打ち込み中心みたいなんですが、意外とジャジーな内容で聴いていて、スムース・ジャズっぽさは気にならない。まずは、ポール・ジャクソン・ジュニアのエレギを愛でて理解するに最適のアルバムだと思います。好盤です。

 
 

震災から5年7ヶ月。決して忘れない。まだ5年7ヶ月。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから、ずっと復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

保存

保存

保存

« ペテルブルク出身のピアニスト | トップページ | ジミ・ヘンのライブ音源・1 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/68226787

この記事へのトラックバック一覧です: Paul Jackson Jr.の初ソロ盤:

« ペテルブルク出身のピアニスト | トップページ | ジミ・ヘンのライブ音源・1 »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ