最近のトラックバック

« ガッド生誕70周年凱旋ライヴ ! | トップページ | ヴィトウスの新盤は良い感じ »

2016年11月29日 (火曜日)

音楽喫茶『松和』の昼下がり・43

1950年代のハードバップを基本としたメンストリーム・ジャズは、いつの時代にも「鉄板」である。我々ジャズ者を始めとして、素人の方々にとっても、聴いてみて「ああ、これはジャズやなあ」と感じるのは、このハードバップを基本としたメインストリーム・ジャズであろう。

ただ、このハードバップを基本としたメインストリーム・ジャズは「理路整然」としていて、カッチリと整っているので、ちょっと変化に乏しい。というか、ジャズ者ベテランのレベルになると、演奏の先読みが出来てしまうので、聴き過ぎると結構「飽きる」。でも、時々、この理路整然、カッチリと整ったメインストリーム・ジャズを聴くと、やっぱりジャズはええなあ、と感激したりする。

Harry Allen & Vladimir Shafranov『Dear Old Stockholm』(写真左)。今日聴いた、ハードバップを基本としたメインストリーム・ジャズのアルバムである。2016年7月ストックホルムでの録音、アルバムとしては先月のリリース。ちなみにパーソネルは、Vladimir Shafranov (p), Harry Allen (ts), Hans Backenroth (b), Bengt Stark (ds)。

Vladimir Shafranov(ウラジミール・シャフラノフ)は、ロシアはサンクト・ペテルブルグ生まれ。1980年代、ニューヨークに活動拠点を移す。1999年、日本の「澤野商会」からリーダー作がリリースされ、日本における「欧州ジャズ・ピアノ」の認識に大きな影響を与えたピアニストとされる。
 

Shafranov_dear_old_stockholm

 
Harry Allen(ハリー・アレン)は、1966年10月、米国はワシントン生まれ。アレンのテナーは、非常に整然としていて破綻が無い。スタイルはややオールド・スタイル寄りのテナー。ジャズ・テナーの世界でよくある「コルトレーン・テナーのフォロワー」では無い。理路整然、整いまくったオールドスタイルの雰囲気漂う、骨太なテナーはアレンならではの個性。

確かに、この新盤『Dear Old Stockholm』は、確かにシャスラノフのピアノとアレンのテナーの出来が目立つ。「Dear Old Stockholm」や「Besame Mucho」を始めとして、この盤には有名な、若しくは知る人ぞ知る「粋」なスタンダード曲で固められており、このスタンダード曲の枠の中で、フロントを司るシャスラノフとアレンが、各々が何処まで自由にアドリブ・フレーズを展開するところが聴きどころになる。

アルバム全体の雰囲気は、明確に「欧州メインストリーム・ジャズ」。どのスタンダード曲もしっかりほ弾きこなし、吹きこなす。徹頭徹尾、絵に描いた様な「理路整然、カッチリと整ったメインストリーム・ジャズ」。ゆったりと安心して聴けるハードバップである。しかも、バックのリズム・セクションの演奏レベルも高い。スネアの抜けるような音、ブンブン唸るアコベの心地良い響き。ジャズ喫茶の昼下がりがこの盤をかけるのが一番の時間帯かも、です。

さすがはヴィーナス・レコード。ジャケットも風景写真をあしらった地味なもの。通常の「少しエロチックな」ジャケットでは無い。それだけにこのアルバムに詰まったメインストリームなジャズに相当な自信があると見た。ああ〜心地良いジャズやな〜、とリラックスして聴き込める良いアルバムです。

 
 

震災から5年8ヶ月。決して忘れない。まだ5年8ヶ月。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから、ずっと復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

保存

保存

« ガッド生誕70周年凱旋ライヴ ! | トップページ | ヴィトウスの新盤は良い感じ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/68637454

この記事へのトラックバック一覧です: 音楽喫茶『松和』の昼下がり・43:

« ガッド生誕70周年凱旋ライヴ ! | トップページ | ヴィトウスの新盤は良い感じ »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ