« ジャズ喫茶で流したい・93 | トップページ | ハードバップの萌芽の記録 »

2016年10月29日 (土曜日)

ジャジーなカーペンターズ曲集

この女性ジャズ・ボーカリストの新盤を聴きながら、もうあれから40年以上が経ったんやなあ、と感慨に耽ってしまった。あの頃といえば、1971年から1974年までの間、僕がまだ中学生の頃、親の転勤の為、岡山に住んでいた頃である。

米国のポップス・ヒット・チャートで猛威を振るっていた兄妹デュオ「カーペンターズ」。この猛威が日本にも上陸して、日本でもヒットし始めていた頃である。僕は1972年の冬、深夜ラジオで初めて、この「カーペンターズ」に出会った。その歌は「Top of the World」。素晴らしくポップで爽やかな楽曲で、即お気に入りとなった。

以降、僕の中学時代は、結構、カーペンターズの曲で埋められる。1973年の夏、とある銀行の独身寮から毎日のように聞こえてきた「Yesterday Once More」も懐かしい想い出だ。そんなカーペンターズの大ヒットの数々。そうあれからもう40年以上が経過しているのだ。

ということで、カーペンターズの楽曲については、ジャズの新スタンダード・ソングとなっても不思議では無い。そう思っていたら、こんなボーカル盤が出た。Nicki Parrott『Yesterday Once More 〜 The Carpenters Song Book』(写真左)。しっかりと副題に「カーペンターズ曲集」とある。
 

Nicki_yesterday_once_more

 
日本のビーナス・レコードからのリリース。ビーナス・レコードの「ハウス女性ボーカリスト」ニッキ・パロットに新盤である。 収録された曲を見れば、ズラリとカーペンターズの往年の大ヒット作が並んでいる。とくれば、どうやって、このカーペンターズの楽曲をジャズにアレンジし、ジャズ・ボーカル盤として成立させているのか。もう興味津々。

日本のレコード会社の企画盤なので、もしかしたら、旧来の平凡なありきたりな内容に陥っているのか、と不安におののきながら聴き通したが、どうしてなかなかの内容である。
 
アレンジもしっかりしていてフレッシュな印象、全体の雰囲気も現代ジャズとして十分に鑑賞に耐えるレベル。そんな鮮度の高い演奏をバックに、ニッキ・パロットが、これまた印象的な、柔らかで爽快感あふれるボーカルで唄い上げていく。

オリジナルのカーペンターズと比較するのは野暮ではあるが、このニッキ・パロットのカーペンターズ・トリビュート盤は、ニッキ・パロットの個性を活かして、洒落たアレンジ共々、なかなか善戦している。カフェ・ミュージック風のサラッとした、ライトなジャズ・ボーカルのイメージでまとめ上げたところが良い感じなのだ。

ビーナス・レコードの宣伝文句にこうある。「私はいつもカーペンターズの音楽が好きだったし、カレンの歌声を愛しているの。彼らの曲の数々は時代を超えていると思う。だから私も歌ってゆきたいの……」 ニッキ・パロット 。なるほど。

 
 

震災から5年7ヶ月。決して忘れない。まだ5年7ヶ月。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから、ずっと復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

保存

保存

保存

« ジャズ喫茶で流したい・93 | トップページ | ハードバップの萌芽の記録 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジャジーなカーペンターズ曲集:

« ジャズ喫茶で流したい・93 | トップページ | ハードバップの萌芽の記録 »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、 ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で、不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 青春のかけら達(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでのジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で、不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。         
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー