最近のトラックバック

« こんなアルバムあったんや・68 | トップページ | ジャズ喫茶で流したい・92 »

2016年10月19日 (水曜日)

世界一ソウルフルなギタリスト

う〜ん、このアルバム・ジャケットは印象深い(笑)。最初見た時は、何のアルバムなんや、と思いっきり思った。でも、フュージョン・ジャズ全盛時代、このアルバム・ジャケットは我々の間では人気があったなあ(笑)。

で、このアルバムは何か。David T. Walker『On Love』(写真左)。1976年のリリースになる。デヴィッド・T.ウォーカーとは誰か。ソウル、R&B、フュージョンなど、それぞれのジャンルで有名なギタリストである。

よくよく調べてみると、マーヴィン・ゲイ、スティーヴィー・ワンダー、ジャクソン5、マイケル・ジャクソン、クインシー・ジョーンズ、ダイアナ・ロス、キャロル・キングらのアルバムのクレジットに名を連ねている。モータウン黄金期を支えた世界一ソウルフルなギタリスト、とされる。

柔らかなタッチと流麗なオブリガードが印象的。繰り出すリフも一級品。よくよく聴くと、確かにどこかで聴いたギターである。中学生の頃から、モータウン好きだったので、このデヴィッド・T.ウォーカーのギターをフュージョン・ジャズとして聴いた時、どっかで聴いた音やなあ、フレーズやなあ、と思った。
 

On_love1

 
確か、デイヴィッドがギターとして参加したヒット曲には、ジャクソン5の帰ってほしいの(I Want You Back)、ABC、アイル・ビー・ゼア(I'll Be There)などがあるとのこと。そうか、そうか、ジャクソン5かあ。あのギターか。うんうん、そうそう、なるほどね〜。

さて、この『On Love』、デヴィッド・T.ウォーカーのギターが印象的で、上質のフュージョン・ジャズ盤に仕上がっている。アーバンでソフト&メロウなフュージョン・ギター。アドリブ・フレーズのグルーブ感が堪らない。趣味の良いファンクネスが小粋。ストリングスもアレンジが秀逸でとても美しい。

パーソネルを見渡すと、ベースがチャック・レイニーで、粘りのある硬質な響きが演奏全体の雰囲気をグッと引き締めている。それ以外の参加ミュージシャンは、意外と無名のスタジオ・ミュージシャンで固められているが、演奏の内容は一級品。当時の米国のスタジオ・ミュージシャンって凄いなあ、って単純に感心する。

アーバンでソフト&メロウなフュージョン・ジャズの好盤です。デヴィッド・T.ウォーカーって、意外と日本ではポピュラーな存在では無いのですが(これがまた不思議)、この『On Love』を聴けば、飛び切り素晴らしいフュージョン・ギタリストであることを再認識すること請け合いです。

 
 

震災から5年7ヶ月。決して忘れない。まだ5年7ヶ月。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから、ずっと復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

保存

« こんなアルバムあったんや・68 | トップページ | ジャズ喫茶で流したい・92 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/68026177

この記事へのトラックバック一覧です: 世界一ソウルフルなギタリスト:

« こんなアルバムあったんや・68 | トップページ | ジャズ喫茶で流したい・92 »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ