最近のトラックバック

« 70年代フュージョンのテイスト | トップページ | こんなアルバムあったんや・68 »

2016年10月17日 (月曜日)

ジャズ喫茶で流したい・91

最近、北欧ジャズの新盤を聴いていて、ふとこのアルバムの存在を思い出した。1960年代前半の録音。1960年代前半の北欧ジャズ。もうこの頃から、北欧ではジャズがしっかり根付いていて、北欧ジャズならではの成果をしっかりと出していたことが判る。

Bengt Hallberg『At Gyllene Cirkeln』(写真左)。1963年の録音。スウェーデンを代表する名ジャズ・ピアニスト、ベンクト・ハルベルグ(1932-2013)の1963年リリースのピアノ・トリオの好盤。ベンクト31歳の好プレイである。

ちなみにパーソネルは、Lars Petterson (b), Sture Kallin (ds), Bengt Hallberg (p)。さすがに北欧ジャズ。ピアノのベンクト以外、全く知らない(笑)。それでも、このトリオ盤を聴くと、ベースとドラム、かなり素性の良いもので、演奏全体のレベルは高い。

ベンクトのピアノは一聴して、基本は「ビ・バップ」だと判る。パッキバキ硬質でクリスタルなタッチ。アドリブ・ラインは硬派で豪快で、その展開は前もっての予想を覆す、スリリングなもの。クールなラインを弾きこなす、粋なピアノではあるが、そのタッチは「熱い」。底に「ビ・バップ」の要素がどっしりと横たわっている。
 

Bengt_hallberg_at_gyllene_cirkeln

 
1963年の録音で、基本は「ビ・バップ」というのは、ジャズの演奏スタイルの歴史上、ちょっと違和感がある。1963年の米国ジャズのトレンドは、モード・ジャズ、もしくはファンキー・ジャズ。しかし、欧州は違った。欧州については、ジャズと言えば「とりあえずビ・バップ」なところがある。欧州では「ビ・バップ」に対する評価が高い。

そういう背景もあるのであろう、このトリオ盤の基本は「ビ・バップ」。それでも、ピアノのアドリブ展開のイメージや、リズム・セクションとの絡みは、正統な1940年代後半のビ・バップと比較すると、複雑で奥が深い。1963年の北欧のビ・バップは、米国のビ・バップを発展、進化させたものであることが聴いていて判る。

こういうシンプルで素直なジャズは、聴いていてとても心地良い。何度聴いても飽きが来ない。聴き疲れることも無い。ジャケットもアーティスティックで秀逸。こういう好盤がコロッと出てくるから、北欧ジャズは隅に置けないのだ。

 
 

震災から5年7ヶ月。決して忘れない。まだ5年7ヶ月。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから、ずっと復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

保存

保存

« 70年代フュージョンのテイスト | トップページ | こんなアルバムあったんや・68 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/67996478

この記事へのトラックバック一覧です: ジャズ喫茶で流したい・91:

« 70年代フュージョンのテイスト | トップページ | こんなアルバムあったんや・68 »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ