最近のトラックバック

« ジャズ喫茶で流したい・90 | トップページ | やはり聴かず嫌いは良く無い »

2016年10月 6日 (木曜日)

音楽喫茶『松和』の昼下がり・41

日本ではこのサックス奏者は印象が薄い。印象が薄いというか、人気が低い。そのサックス奏者とは「ジジ・グライス(Gigi Gryce)」。米国では作曲家として、それなりの位置付けにあるらしいが、日本ではサッパリである。

ジジ・グライスは1925年生まれ。存命であれば91歳であるが、実は1983年、57歳で鬼籍に入っている。ジジ・グライスのジャズメンとしての活動期間は意外と短く、だいたい1953年から1965年の約10年位である。以降、経済状態や心理状態の問題から、ジャズ界から退いた状態になった。

ジジ・グライスはアルト・サックス奏者であるが、作曲家としての評価の方が高いのかもしれない。メインストリーム・ジャズの古典的スタンダード曲である「マイノリティ(Minority)」や「ソーシャル・コール(Social Call)」、「ニカズ・テンポ(Nica's Tempo)」は、ジジ・グライスの作曲である。

そのひとつをタイトルに戴いた好盤がある。Gigi Gryce『Nica's Tempo』(写真左)。1955年10月の録音。ジャケットの雰囲気を見れば直ぐに判る、Savoyレーベルからのリリース。ノネット、テンテット、もしくはカルテットの構成。ジジ・グライスは、全てのトラックでアルト・サックスを担当している。
 

Gigi_nicas_tempo

 
このジジ・グライスのアルト・サックスの音が良い。オーソドックスなスタイルのアルト・サックスの音色なんだが、これが良い。自作曲とモンクの曲でのジジ・グライスのアルト・サックスが良い雰囲気を醸し出している。とにかく、ジジ・グライスのアレンジが良好なんですね。

特に、大人数の構成、ノネットやテンテットでのジジ・グライスのアレンジは実に優秀。音の重ね方がオーソドックスで端正。明らかに「ハードバップ」って感じのする、音の重ね方と響きが独特の個性。実に端正でオーソドックスなアレンジである。

このジジ・グライスのアルバム『Nica's Tempo』には、ジジ・グライスを感じ、ジジ・グライスを理解する為のアイテムが、必要最低限のレベルでしっかりと詰まっています。ハードバップ初期の正統なジャズ。何度聴いても飽きの来ない好盤だと思います。

余談であるが、ジジ・グライスはジャズ界から身を引いた後、最晩年には公立学校で教鞭を執っている。グライスの生涯で最後の勤務先となった小学校は、その遺功を讃えて「バシール・カシム・スクール」に改名されている。ちなみに「パシール・カシム」とは、ジジ・グライスのイスラム宗での名前である。

 
 

震災から5年6ヶ月。決して忘れない。まだ5年6ヶ月。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから、ずっと復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

保存

« ジャズ喫茶で流したい・90 | トップページ | やはり聴かず嫌いは良く無い »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/67828452

この記事へのトラックバック一覧です: 音楽喫茶『松和』の昼下がり・41:

« ジャズ喫茶で流したい・90 | トップページ | やはり聴かず嫌いは良く無い »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ