最近のトラックバック

« ジャジーなハイ・ファイ・セット | トップページ | 魅惑のダブル・ベース+ピアノ »

2016年9月 8日 (木曜日)

ムラーツのベースは「正統派」

アコースティック・ベースの生存するレジェンドって、数少なくなった。ロン・カーターは相変わらず元気みたいだが、あとは〜、と考えると後が続かない。そうそう、ジョージ・ムラーツがいたぞ。それから、ゲイリー・ピーコックくらいか。

と思いつつ、ネットを徘徊していたら、このアルバムに遭遇した。George Mraz『Plucking & Bowing』(写真左)。今年の3月に突如リリースされた。ちなみにパーソネルは、George Mraz (b), Tom Garvin (p), Peter Donald (ds)。魅惑のピアノ・トリオ構成である。

このアルバムは、現代のジャズ・ベースのレジェンド、ジョージ・ムラーツが、1970年代末~80年代頃にプログレッシヴ・レーベルに吹き込んだピアノトリオ作品になる。確かに、冒頭の「Giant Steps」の前奏のムラーツのアコ・ベースの音が実に若々しい。硬質にビンビン鳴りまくる。 

ジョージ・ムラーツはチェコ出身。ムラーツのベースは「正統派」。とりわけ優れたテクニック、クラシック音楽を学んだ成果であろう音感とピッチの良さ、そして、ジャズ・ベーシストには珍しい「アルコ弾き(弓弾き)」の達人である。いわゆる「絵に描いた様なジャズ・ベース」、いわゆる「ジャズ・ベースとはかくあるべし」という感じの「正統派」ベースである。
 

Plucking_bowing

 
特にピッチがばっちり合ったベースでビンビン弾きまくるので、その響きがとても心地良い。耳当たりがとても良いのだ。やはり、楽器のピッチはしっかりと合わせるべきだ。そんな当たり前のことを、ムラーツのベースは再認識させてくれる。とにかく、惚れ惚れするようなベース音なのだ。

この『Plucking & Bowing』は、1970年代末~80年代頃の演奏なので、それぞれの出す音がとても若い。そして、演奏のスタイルもハードバップがメイン。モードやネオ・ハードバップの様な新しい響きはこのアルバムにはまだ早い。成熟した純正ハードバップな演奏が繰り広げられる。

「Giant Steps」「I Remember Clifford」「Alone Together」 などお馴染みのミュージシャンズ・チューンや有名スタンダード曲の演奏がやはり魅力的だ。どの曲でもムラーツのベースが大活躍。ムラーツは、それぞれの曲でさり気なく、彼自身が持つアコ・ベースのテクニックの全てを披露している。「ジャズ・ベースとはかくあるべし」、そんな雰囲気を強く感じる盤である。

ピッチの合っているアコベの音は素晴らしい。ムラーツのベースは一聴して直ぐにムラーツか、と思うくらい、ピッチが合っている。録音年月が確定出来ない、ちょっと怪しげな音源ですが、その演奏内容は一級品。ジャズ者ベテランの方々中心にお勧めの好盤です。

 
 

震災から5年5ヶ月。決して忘れない。まだ5年5ヶ月。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから、ずっと復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« ジャジーなハイ・ファイ・セット | トップページ | 魅惑のダブル・ベース+ピアノ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/67402943

この記事へのトラックバック一覧です: ムラーツのベースは「正統派」:

« ジャジーなハイ・ファイ・セット | トップページ | 魅惑のダブル・ベース+ピアノ »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ