« ながら聴きのジャズも良い・10 | トップページ | 音楽喫茶『松和』の昼下がり・38 »

2016年9月15日 (木曜日)

ジョン・トロペイとの出会い

ニューヨークの人気者フュージョン・ギタリストの一人、ジョン・トロペイ(John Tropea)。「トロペイ」って変な名前やなあ、ということで直ぐに覚えた。そのトロペアのギター・プレイに初めて触れたアルバムが、『New York Liner』(写真左)。1981年の作品。懐かしいなあ。

ちなみにパーソネルは、Eric Gale, John Tropea & David Spinozza (g), Paul Shaffer (key), Neil Jason (b), Alan Schwartzberg (ds), David Charles (perc)。フュージョン・ギターの強者3人の競演。プロデュース&アレンジは、David Matthews。日本のフュージョン・レーベル、Electric Birdからのリリース。

そう言えば、ジョン・トロペイって、デオダートのヒット作『Prelude (邦題・ツァラトゥストラはかく語りき)』や『Deodato 2(ラプソディ・イン・ブルー)』でギターを弾きまくっていました。僕はこの『New York Liner』というアルバムで出会う前に、デオダートの作品を通じて、知らず知らずの間にしっかりと耳にしていたんですね。
 

Newyork_liner

 
ということで、この『New York Liner』なんですが、冒頭の「Jamaica Man」を聴くだけで、アレンジが「マシューズしている」ことに気がつきます。僕は、このデヴィッド・まっシューズの判り易くてポップなアレンジが大好きで、フュージョン・ジャズにおいて、ボブ・ジェームスと双璧のお気に入りアレンジャーです。

で、トロペイ、スピノザ、ゲイルという3人のフュージョン・ギターの強者の競演なんですが、トロペイのギターが頭一つ抜きんでているという感じ。1981年リリース当時、かなりのヘビロテで聴きまくったことを覚えています。なんて形容したら良いのか、ロックの様でロックで無く、ジャズの様でジャズじゃ無い。強いて言うなら、フュージョン・ジャズ独特のエレギの響き、だろうか。

今の耳で聴いても、当時大流行していた「フュージョン・ジャズ」の音の雰囲気が濃厚。アルバム全体の収録時間がちょっと短くて物足りなさが残りますが、3人の個性的なフュージョン・ギターをしっかりと堪能できるところがこのアルバムの良さ。特に、フュージョン・ジャズ者にとっては、リラックスして聴ける好盤です。

 
 

震災から5年6ヶ月。決して忘れない。まだ5年6ヶ月。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから、ずっと復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

保存

保存

« ながら聴きのジャズも良い・10 | トップページ | 音楽喫茶『松和』の昼下がり・38 »

コメント

ジョン・トロペイを聴いた(知った)のはスタンダード・インフルエンスです。
10数年前ですね
ご紹介のアルバムは未聴ですがジョン・トロペイっていいですね
好きなギタリストです

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジョン・トロペイとの出会い:

« ながら聴きのジャズも良い・10 | トップページ | 音楽喫茶『松和』の昼下がり・38 »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、 ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で、不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 青春のかけら達(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでのジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で、不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。         
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー