最近のトラックバック

« ジャズ喫茶で流したい・88 | トップページ | 日本語がロックに乗った瞬間 »

2016年9月18日 (日曜日)

ジョン・トロペイのファースト盤

最近、フュージョン・ジャズの好盤再発見、好盤発掘をせっせと進めている。大学時代から30歳代までの記憶を甦らせつつ、アルバムの選定を進めている。これが実に楽しい作業なのだ。そんな作業の中で、最近、ギタリスト、ジョン・トロペイに着目している。

John Tropea『Tropea』(写真左)。1975年のリリース。著名なフュージョン・ギタリストの一人、ジョン・トロペイのファースト盤になる。以前はクロスオーバー時代、デオダートのバンドのギタリストとして活躍していたから、40年以上、第一線で活躍していることになる。

ジャズ・ミュージシャンの個性を感じるには、そのミュージシャンの「ファースト盤を聴け」と言われる。ジャズの場合、ファースト盤を録音する前に、他のミュージシャンのバンドの一員として腕を磨いているので、自らのファースト盤をリリースする時期には、しっかりとした個性を確立しているのだ。

さて、そんなトロペイのファースト盤『Tropea』であるが、参加ミュージシャンが錚々たるメンバーで占められている。主だったところをピックアップすると、David Spinozza (g), Don Grolnick, Eumir Deodato (key), Will Lee (b), Steve Gadd, Rick Marotta (ds), David Sanborn George Young (as), Michael Brecker (ts), Randy Brecker (tp), などなど。フュージョン・ジャズの有名どころがズラリ、である。

個性的なカッティングや、シャープで硬質なアドリブ・フレーズなど、トロペイの個性全開であるが、このファースト盤はトロペイのギターの個性を前面に押し出すのでは無く、トロペイのギターを核に置きながら、それぞれの曲想に応じた共演者を上手く組み合わせて、バランスの取れた、アーバンで非常に品の良いフュージョン・ジャズに仕立て上げることをメインに据えてプロデュースされている。
 

Toropea

 
Steve Gadd〜Rick Marottaという、当時の売れっ子ドラマー2人によるダブル・ドラムとWill Leeによる野太いエレベが織りなす、グルーヴィーなリズム&ビートが耳を惹く。パーカッションがそんな重厚なリズム&ビートに彩りを添える。フュージョン・ジャズがベースではあるが、リズム&ビートがしっかりと充実していることが、この盤の長所である。

さらにアレンジにも独特の特徴がある。ファースト盤をリリースするという場合、全面的に自らがアレンジを担当して独りよがりな音になったり、あるいはレコード会社のお膳立てしたアレンジに安直に乗ってしまって「没個性」となってしまう、といったケースが多い中で、このトロペイのファースト盤はアレンジに工夫を施している。

彼の親しい友人でもあるミュージシャン達によるアレンジの採用や共同アレンジによる楽曲が目立つのだ。収録されたどの楽曲もアレンジが秀逸で、とてもバランスの取れた、流麗な楽曲に仕上がっている。聴き耳を立てていると、このファースト盤、落ち着きと小粋な展開が詰まった、フュージョン・ジャズのベテランがアレンジした盤と錯覚するくらいだ。

大向こうを張った派手な内容では無い、落ち着いた、風合いの良いフュージョン・ジャズ盤である。これが良い。決して派手ではないタイプのギタリストであるトロペイではあるが、この内容充実、聴き応えのあるファースト盤には好感度アップである。

 
 

震災から5年6ヶ月。決して忘れない。まだ5年6ヶ月。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから、ずっと復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

保存

« ジャズ喫茶で流したい・88 | トップページ | 日本語がロックに乗った瞬間 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/67554374

この記事へのトラックバック一覧です: ジョン・トロペイのファースト盤:

« ジャズ喫茶で流したい・88 | トップページ | 日本語がロックに乗った瞬間 »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ