最近のトラックバック

« 音楽喫茶『松和』の昼下がり・38 | トップページ | ジョン・トロペイのファースト盤 »

2016年9月17日 (土曜日)

ジャズ喫茶で流したい・88

今日は朝から夏が戻って来た様な、陽射しの強い暑い日となったが、時は9月、いよいよ秋の気配がそこはかとなく漂う季節となってきた。部屋の中でジッとしている分には、暑さや湿度でイライラすることは無くなった。季節的にも、そろそろ純ジャズに耳を傾けるに良いシーズンになってきたと言える。

純ジャズというもの、裾野は広く、しっかりと地に足着けてその時の時代時代で、それぞれ確実な成果を残している。決して、1950年代のものだけでは無い。フリーやモード、ファンキーなど、ジャズの多様化の1960年代には1960年代の、クロスオーバーやフュージョン全盛の1970年代には1970年代の「純ジャズの成果」がしっかりと残っている。

ということで、ジャズというもの、アルバムの内容を実際に聴くこと無く、録音年やリリース時期だけで、そのアルバムの内容を判断するということは決して無い。やはり、ジャズのアルバムというものは「聴いてみてなんぼ」のものである。他人の評価や意見だけで、そのアルバムの良し悪しを判断するものでは無いなあ、とつくづく思う。

例えばこんなアルバムがある。Tommy Flanagan & Kenny Burrell『Beyond The Bluebird』(写真左)。1990年4月、オランダのMonsterにあるスタジオ44での録音。ちなみにパーソネルは、Tommy Flanagan (p), Kenny Burrell (g), George Mraz (b), Lewis Nash (ds)。なんか、パーソネルを見ただけで、出てくることが想像出来る、充実したパーソネルですね。
 

Tommy_flanagan_beyond_the_blue_bird

 
録音当時は、純ジャズ復古の時代。若手中心にネオ・ハードバップが台頭した時代。そんな時代に、こんな純然とした「ハードバップ」なアルバムが録音され、リリースされる。なんてジャズって懐深く裾野の広い、流行に左右されない音楽ジャンルなんだろう、と改めて感心する。

パーソネルを見るだけで、上質の典雅なハーバップな演奏が展開されるのは十分に予想できるのだが、その予想に違わぬ、素晴らしい極上のハードバップ演奏が続々と展開される。それぞれのメンバーの演奏テクニックも優秀、グループ・サウンドとしての纏まりも良い。しっかりとリハーサルを積んだ、誠実なハードバップ演奏が記録されている。

しっかりと落ち着いた、決して揺らぐことの無い演奏トーン。落ち着いてはいるが躍動感がしっかりとしていて、ジャズとしての聴き心地が実に良い。加えて、リズム&ビートが秀逸。さすが、ムラーツとナッシュのリズム・セクションである。

フロントの二人、ピアノのトミフラとギターのバレル、どちらも申し分無い。使い古された形容ではあるが、敢えてここでは使いたい、「燻し銀のような」アドリブ・ライン。そこはかとなくファンクネス漂い、音の輪郭は明快。これだけ判り易い旋律はなかなか無い。

しっとりとした落ち着きと躍動感が同居する、良い内容のカルテット構成のアルバムです。ケニー・バレルのギターとトミフラ・トリオとの相性が抜群で、静かな部屋の中で、ズッと聴いていたくなるような、そんな趣味の良い、典雅な内容のアルバムです。

 
 

震災から5年6ヶ月。決して忘れない。まだ5年6ヶ月。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから、ずっと復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

保存

« 音楽喫茶『松和』の昼下がり・38 | トップページ | ジョン・トロペイのファースト盤 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/67538974

この記事へのトラックバック一覧です: ジャズ喫茶で流したい・88:

« 音楽喫茶『松和』の昼下がり・38 | トップページ | ジョン・トロペイのファースト盤 »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ