最近のトラックバック

« 新主流派のジャズ・ヴァイブ | トップページ | こんなアルバムあったんや・64 »

2016年8月18日 (木曜日)

現代ピアノ・ジャズの先端を行く

このピアノ・トリオ、ファンクネスが希薄、耽美的、ピアノの響きが美しいピアノ。これって、ブラッド・メルドーに影響を受けてないか、と思って、ラックナーのバイオグラフィーを確認したら「カリフォルニア芸術大学ではチャーリー・ヘイデンに師事。その後メルドーのもとで学び、2002年に自身のトリオを結成」とある。なるほどね。

Benny Lackner Trio『SiSKIYOU』(写真左)。今年の3月のリリース。ちなみにパーソネルは、Matthieu Chazarenc (ds), Jerome Regard (b), Benny Lackner  (p,el-p)。Benny Lackner(ベニー・ラックナー)がリーダーのピアノ・トリオである。

リズム&ビートも今様なもので、ピアノ・トリオの響きは、現代ピアノ・ジャズの先端を行くもの。新しいピアノ・トリオの音が満載で、聴き進むにつれ、なんだかワクワクしてくる。なかなかええやん、と思いながら聴いていると、不意に出てくるエレピの音。これがまた良い。

アナログとエレクトロニックの両方のキーボードを使い分け、絶妙な感覚でミックスする感覚は、今までありそうでなかったパターン。使い分けるまでは来ているんですが、1曲の演奏の中でミックスする感覚はまだまだマイナーなもの。これがまた良い。
 

Siskiyou_1

 
ディレイあり、ファズをかけたり、エコーをかけたり、演奏に対する音響処理がこれまた趣味が良い。耽美的でリリカルな音世界の中で、エモーショナルで印象的なフレーズが不意に出てくる。これがまた良い。静的なスピリチュアルなピアノ・ジャズという雰囲気が実に新しい感覚だ。

ベニー・ラックナーについては全く知らない名前で、ネットを調べたら「ベニー・ラックナー・トリオの5作目となる最新作が国内盤でようやくリリース」とあり、我が国ではレコード会社がこれまで全く扱わなかったようです。我が国で全くの無名な存在だったことに合点がいきました。勿体ない話です。

新しい響き満載のピアノ・トリオ。聴いてビックリ、ベニー・ラックナーのピアノ&キーボード。思わず、過去のリーダー作の全てを聴いてみたくなりました。チャレンジしたいと思います。

 
 

震災から5年5ヶ月。決して忘れない。まだ5年5ヶ月。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから、ずっと復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« 新主流派のジャズ・ヴァイブ | トップページ | こんなアルバムあったんや・64 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/67067608

この記事へのトラックバック一覧です: 現代ピアノ・ジャズの先端を行く:

« 新主流派のジャズ・ヴァイブ | トップページ | こんなアルバムあったんや・64 »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ