« 夏はボサノバ・ジャズ・その28 | トップページ | 成熟仕切った大人のフュージョン »

2016年8月29日 (月曜日)

日本の夏のフュージョン・ジャズ

今年の夏は思いっきり「蒸し暑かった」。これだけ蒸し暑いと不快指数MAXで、体調もボロボロ、気分も優れず、なんか今年の夏はパッとしなかったなあ。で、今日も台風10号が近づいていて、抜群に蒸し暑い。体調もボロボロである。

僕達が子供の頃の、蒸し暑さはほどほど、カラッと晴れ上がった夏の日が懐かしい。このアルバムのジャケットがそんな昔の夏の日のイメージをピッタリと表現してくれている。ということで、この盤は毎夏、必ず聴く。

松岡直也『夏の旅』(写真左)。1984年の作品。日本の夏のフュージョン・ジャズとして、この盤は格好の内容。曲名を見ても、ああ夏の盤やなあ、という感じが思いっきりする。「日傘の貴婦人」「田園詩」「夏の旅」「風のしらべ」「虹のしずく」「雲のゆくえ」などなど、日本の夏の季節を彷彿とさせるタイトルが実に魅力的。
 

Natsu_no_tabi  

 
松岡直也と言えば「ラテン・フュージョン」なんだが、このアルバムでは、ラテン・フュージョンな演奏は「日傘の貴婦人」と「風のしらべ」くらいで、あとは正統派フュージョン・ジャズのオン・パレード。実に聴き応えのある、良質なフュージョン・ジャズが展開されている。ハイテクニックかつ歌心満載。キャッチャーな旋律を持った楽曲が実に良い雰囲気。

今泉洋と斉藤英夫のツイン・ギター、高橋ゲタ夫の強烈ベース、ノリノリにビートを刻む広瀬徳志のドラム。そんなゴキゲンでアグレッシブなリズム・セクションをバックに、松岡直也のピアノが突っ走る。

本作は少年時代の「故郷の夏」。それぞれの曲を聴いていると、昔の夏の日のイメージや風景が浮かんでは消えていく。これだけイメージが明確でストーリー性のある企画型のフュージョン・ジャズって、なかなかありそうで無い。希少価値な一枚である。

 
 

震災から5年5ヶ月。決して忘れない。まだ5年5ヶ月。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから、ずっと復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« 夏はボサノバ・ジャズ・その28 | トップページ | 成熟仕切った大人のフュージョン »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本の夏のフュージョン・ジャズ:

« 夏はボサノバ・ジャズ・その28 | トップページ | 成熟仕切った大人のフュージョン »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、 ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で、不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 青春のかけら達(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでのジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で、不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。         
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カテゴリー