« 米国西海岸ロック系のAOR | トップページ | 夏はボサノバ・ジャズ・その25 »

2016年8月 7日 (日曜日)

サーファー御用達の爽やかAOR

ジャズばっかり聴いていると、ふと耳休めをしたくなる時がある。そんな時、ジャズとジャズの合間に、違和感無く聴けるジャンルの一つが「AOR」。今日の「ジャズの合間の耳休め」は「Cecilio & Kapono(セシリオ&カポノ)。

この「セシリオ&カポノ」とは、カラパナと並ぶ人気「ハワイアン・サーフ・ロック」デュオ。ハワイのロックシーンを語る時の必須バンドのひとつである。ヘンリー・カポノはネイティヴなハワイアン、メキシコとインディアンの血を引くセシリオ・ロドリゲスはカリフォルニア生まれ。

この「セシリオ&カポノ」の名を聞いて「懐かしいな〜」と思う方は、1970年代AORの「通」と言って良いでしょう。僕は、彼らの名前を聞くと、決まってこのアルバムを思い出して、CDプレイヤーのトレイに載せる。Cecilio & Kapono『Night Music』(写真左)。1977年リリースの彼らの3rdアルバムである。

このアルバムの中に詰まっている音は「米国西海岸ロック系」のAOR。まさに絵に描いた様なAORな演奏とボーカル。そんな中に、そこはかとなく、ハワイ風のトロピカルな要素がちりばめられているところが、このアルバムの個性である。さすが、サーファー御用達の爽やかAOR。
 

Night_music

 
演奏の構成としては、基本的には彼らの歌とギター、そしてリズム隊というシンプルな演奏。このシンプルさが演奏全体の爽やかさを生んでいる。客演のトム・スコットのサックスやニック・デカロによる趣味の良いストリングス・アレンジもほど良いスパイスのように効いています。

ボズ・スキャッグスのヒット曲「We're All Alone」のカバーも収録されていて、これがまた良い雰囲気なんですよね。僕はオリジナルよりもこの「セシリオ&カポノ」のバージョンの方が好きです。

冒頭のタイトル曲が流れたら、そこには爽やかな海の雰囲気が流れます。タイトルがあまりにムーディー過ぎて、しかも、ジャケットも思い切り爽やかなデザインなので、ちょっと胡散臭い感じがして敬遠されがちですが、全くそんなことを気にすること無く手にして良い、1970年代AORの好盤です。

 
 

震災から5年4ヶ月。決して忘れない。まだ5年4ヶ月。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから、ずっと復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« 米国西海岸ロック系のAOR | トップページ | 夏はボサノバ・ジャズ・その25 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サーファー御用達の爽やかAOR:

« 米国西海岸ロック系のAOR | トップページ | 夏はボサノバ・ジャズ・その25 »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー