最近のトラックバック

« 夏はボサノバ・ジャズ・その26 | トップページ | 新主流派のジャズ・ヴァイブ »

2016年8月16日 (火曜日)

ジャズ喫茶で流したい・86

今年の夏は暑い。とにかく蒸し暑い。とはいえ、関東地方は意外と酷暑の日が続いたのは短くて、意外と涼しいのが救いである。酷暑の季節は、どうしてもハードな純ジャズは避けたくなる。熱い演奏というのが辛い。しかし、切れ味の良い、爽快な純ジャズは季節を選ばない。酷暑の季節には、聴いていて精神的に「スカッと」する。

Sam Jones『Visitation』(写真左)。そんな切れ味の良い、爽快な純ジャズの一枚がこのアルバム。1978年3月の録音。ちなみにパーソネルは、Ronnie Mathews (p), Sam Jones (b), Terumasa Hino (cor), Al Foster (ds), Bob Berg (ts)。今の目で見れば錚々たるメンバーである。特に目を惹くのは、日本トランペットのレジェンド、日野皓正の参加。

この盤はサム・ジョーンズがリーダー。いわゆる「ベーシストのリーダー作」である。ジャズ演奏の中での理想的なベースの役割、ベースの音色、そしてそのテクニックを、グループ・サウンズを通じて演出するやり方だ。サム・ジョーンズのレベルの高いリーダーシップが聴いて取れる。実に良い内容の、バランスの取れたクインテットの演奏である。

1970年代の純ジャズとしては秀逸な出来である。収録されたどの楽曲を取っても、その演奏内容は個性的で素晴らしい。それもその筈、この錚々たるメンバーである。悪かろう筈が無い。
 

Sam_jones_visitation

 
1970年代に、とりわけ日本で人気ピアニストだったスイング感抜群のロニー・マシューズ。モーダルで印象的なフレーズが新しいテナーのボブ・バーグ。ジャズの要となるリズム&ビートをガッチリとキープ、安定感溢れるドラミングを供給するアル・フォスター。そして、日本を代表する、エモーショナルで切れ味の良いトランペッター日野皓正。

そして、リーダーは、タイトで骨太でモダンなベーシスト、サム・ジョーンズ。サム・ジョーンズは、1981年、57歳で他界しているので、亡くなる3年前の録音になる。しかし、そんなことは微塵も感じさせない、粘りのあるソリッドで重い骨太な低音がグルーヴ感を盛り立てる。重心の低い、ブンブンとしなりながら、うねり歩く重低音なベース。

一言で言うと「切れ味の良い真摯な純ジャズ」。クインテットの5人が真摯に誠実にメインストリームなジャズを創造する。お互いの音をしっかりと聴きながら、独りよがりにならず、聴く者の立場にも立って、魅力的でモダンなジャズを展開する。その内容は当時の純ジャズの先端をいくもの。1970年代純ジャズの素晴らしい成果の一枚と言って良い。

この盤は、SteepleChaseレーベルからのリリース。ジャケットも渋くて、タイポグラフィーも趣味が良い。さすがはSteepleChase。良いアルバムを作るなあ。

 
 

震災から5年5ヶ月。決して忘れない。まだ5年5ヶ月。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから、ずっと復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« 夏はボサノバ・ジャズ・その26 | トップページ | 新主流派のジャズ・ヴァイブ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/67033757

この記事へのトラックバック一覧です: ジャズ喫茶で流したい・86:

« 夏はボサノバ・ジャズ・その26 | トップページ | 新主流派のジャズ・ヴァイブ »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ