« 音楽喫茶『松和』の昼下がり・35 | トップページ | 新しい「新主流派の音の響き」 »

2016年7月26日 (火曜日)

明確に音が変化したカシオペア

カシオペアは、僕がジャズを聴き初めて程なくデビューしたので、今までずっと親近感を覚えてきたバンドである。特に、純日本というところが更に良い。デビューアルバムからずっと聴き続けて来たバンドである。

このアルバムは、僕にとってカシオペアが「永遠のお気に入り」のバンドに昇格した記念すべきアルバムである。そのアルバムとは、CASIOPEA『Eyes of The Mind』(写真左)。1981年4月のリリースになる。改めて、カシオペアのメンバーは、野呂一生 (el-g), 向谷実 (key), 櫻井哲夫 (b), 神保彰 (ds)。

このアルバムを初めて聴いた時、明らかに音が変わったと思った。ベースラインが太くなったというか、リズム&ビートが太くなったというか、とにかく演奏のベースが「太く逞しく」なった。そこにバカテクの野呂のギターと向谷のキーボードが躍動する。

しかし、バカテク優先の「かっ飛び」フレーズでは無い。太く逞しいビートに乗って、余裕あるスケールの大きいフレーズが展開されるのだ。しかも、録音が良いので直ぐに気がつくのだが、音が「乾いていてシンプル」。あれ〜なんでかな〜、なんて思いつつライナーノーツを読んで、ようやく合点がいった。

このアルバム、ロスの録音で、しかも、プロデュースがハーヴィー・メイソン。ハーヴィー・メイソンと言えば、フュージョン・ジャズのファースト・コール・ドラマー。このドラマーのプロデュースが、それまでのカシオペアの演奏を更なる高みに引き上げた。その最初の成果がこのアルバムである。
 

Eyes_of_the_mind

 
腰のしっかりと座った演奏が素晴らしい。上質のフュージョン・ジャズ、とりわけ、AOR系のフュージョン・ジャズと形容して良いであろう、太くて逞しいリズム&ビートに乗った、余裕あるバカテクな展開が素晴らしい。

聴いていて面白いのは、このカシオペアのフュージョン・ジャズって、その演奏レベルは、本場米国のフュージョン・ジャズの演奏レベルと比肩出来る、内容のあるテクニックに優れた内容なので、もしかしたら米国の有名なフュージョン・バンドの演奏か、と間違いそうなんだが、実は絶対に間違わない。どこか日本人的な雰囲気が漂う演奏なのだ。

とにかく、米国フュージョン・ジャズとは一線を画する個性的な演奏の数々。若さを前面に押し出した「イケイケ」のカシオペアも魅力的だが、この腰のしっかりと座った、太くて逞しいリズム&ビートに乗った、余裕あるAOR系のフュージョン・ジャズの展開がとっても素敵である。

そういう意味で、このアルバムは、カシオペア者(カシオペア・ファン)のなかで評価が分かれる作品であろうかと思う。しかし、どっちの顔もカシオペアだと思う。この余裕あるAOR系のフュージョン・ジャズの展開を自家薬籠中のものとしたことで、カシオペアのバンドとしてのスケールはグッと一段も二段も広がった。

カシオペア者(カシオペア・ファン)に大歓迎された、エフェクターやシンセの大量導入で彩りある音で埋め尽くされたアルバム『Make Up City』。そして、今回の『Eyes of The Mind』は『Make Up City』とは、全く対極にある音。この二極性がカシオペアの音作りの個性として定着していく。

 
 

震災から5年4ヶ月。決して忘れない。まだ5年4ヶ月。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから、ずっと復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« 音楽喫茶『松和』の昼下がり・35 | トップページ | 新しい「新主流派の音の響き」 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 明確に音が変化したカシオペア:

« 音楽喫茶『松和』の昼下がり・35 | トップページ | 新しい「新主流派の音の響き」 »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、 ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で、不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 青春のかけら達(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでのジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で、不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。         
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー