最近のトラックバック

« 新しい「新主流派の音の響き」 | トップページ | ボサノバのバド・シャンク »

2016年7月28日 (木曜日)

夏はボサノバ・ジャズ・その24

さあ、やっとこさ、関東甲信地方が梅雨明け。我が千葉県北西部地方も雲が多いながらも、青空が半分程度の空模様で、まあなんとか梅雨が明けたかな、って感じです。今、外の気温は25度、湿度87%。じっとり湿気を感じる夜です。

さて、梅雨が明ければ「夏たけなわ」。さあ、梅雨が明けて夏たけなわの季節、今年もやってきました、我がバーチャル音楽喫茶『松和』の特集月間「夏はボサノバ」。これから1ヶ月程度、ボサノバ&サンバ・ジャズの特集です。

さて、最初はこれ。Cal Tjader『Amazonas』(写真左)。1975年6月の録音。ちなみにパーソネルは、Cal Tjader (vib,marimba), Luiz Alves (b), Robertinho Silva (ds,per), David Amaro (g), Dawilli Gonga (key), Egberto Gismonti (p,key)。そして、プロデューサーはAirto Moreira、アレンジはGeorge Duke。

プロデューサーとアレンジ以外はあまり馴染みが無い。リーダーのカル・ジェイダーだって怪しいもんだ。それもそのはず。ミュージシャンの大半がブラジル出身。そりゃ〜馴染みが無い名前ばかりな筈である。そうそう、リーダーのカル・ジェイダーは、数多くのラテン・ジャズの好盤を残すヴァイブ奏者。なるほど、このメンバーがボサノバ&サンバ・ジャズをやるんだ。
 

Amazonas1

 
1970年代のクロスオーバー・ジャズがベースの音作り。特にエレギの音に時代を感じる。しかし、テクニカルでエレクトリックでクロスオーバーな音が前提のボサノバ・ジャズはあまり聴いたことが無かった。このアルバムを聴いて再認識したのだが、電気楽器独特のグルーブがボサノバ&サンバなジャズに良く合うのだ。

スリリングな変拍子あり、正統なボサノバ的雰囲気ありで、スッキリしたクロスオーバー・ジャズな雰囲気がとっても良い。ブラジリアン・フュージョンというよりは、ブラジリアン・クロスオーバーという形容がピッタリ。

それから、このアルバムを聴いての新しい発見が、ヴァイブの音はボサノバ&サンバ・ジャズと相性が抜群に良いということ。グルーブ感溢れ、耳当たりがかなり良く、爽快感抜群。ヴァイブにボサノバ、ヴァイヴにサンバである。

しかし、このジャケットは無いよな。このジャケットでは、ジャズ者初心者の方々の触手は伸びないでしょうね。でも、内容は良いですよ。エレクトリックな、くすんだグルーブ感が楽しいブラジリアン・クロスオーバー。この趣味の悪いジャケットにびびらず、積極的に手にして良い好盤です。

 
 

震災から5年4ヶ月。決して忘れない。まだ5年4ヶ月。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから、ずっと復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« 新しい「新主流派の音の響き」 | トップページ | ボサノバのバド・シャンク »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/66730325

この記事へのトラックバック一覧です: 夏はボサノバ・ジャズ・その24:

« 新しい「新主流派の音の響き」 | トップページ | ボサノバのバド・シャンク »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ