最近のトラックバック

« ジャズ喫茶で流したい・83 | トップページ | ポールのベスト盤の「ベスト」 »

2016年6月16日 (木曜日)

期待の女性マルチ・リード奏者

僕はこの盤を聴いて、この人のクラリネットのプレイに魅せられた。コーエン3兄弟(クラリネット・テナーサックス奏者の妹アナットとソプラノ・サックス奏者の弟ユヴァル)の長女。テナーも良い。こんな女性サックス&クラリネット奏者がいたんや、とびっくりポン。

そんな彼女の新作。Anat Cohen『Luminosa』(写真左)。邦題「プレイズ・ブラジル」。判り易くて良い。ズバリ、アナット・コーエンの最新作のテーマは「ブラジル」。加えて、マルチ・リード奏者としての才能全開。

オープニングの「Lilia」はウエイン・ショーターの『ネイティヴ・ダンサー』でも共演したミルトン・ナシメントの傑作。アナット・コーエンは、ミルトン・ナシメントのヴォイスに魅了され崇敬しているという。冒頭にこの「Lilia」を持ってくるなんて、なんて素晴らしい選曲なんだろう。

加えて、リオ・デ・ジャネイロ出身のベテラン・ギタリスト、ホメロ・ルバンボをフィーチャーしている。このルバンボのギターとアナットのクラリネットの絡みが絶妙で、聴いていてとても心地良い。「ああ、ブラジルやなあ」と感じます。良い雰囲気です。
 

Luminosa1

 
しっかりとメインストリーム・ジャズの本質を押さえつつ、ワールド・ミュージックやコンテンポラリーな音楽との融合にもチャレンジする、アナット・コーエンのチャレンジ精神は、このアルバムでは良い方向に作用しています。

アナット・コーエンはイスラエル出身。テルアビブの音楽一家に育ち、1990年代に米国に移住したことをきっかけとして、優れたマルチ・リード奏者がまた一人、現れ出でた。イスラエルには、本当にたくさんの才能があるんやなあ、と改めて感心しました。

このアルバム・ジャケットを初めて見た時は、新人女性ジャズ・ミュージシャンのスムース・ジャズの類かと、ちょっと敬遠しました。このポップで淡いパステルチックなイラストやもんな〜。このジャケットは誤解され易いですね。でも、中に詰まっている音世界を上手く表現しています。

しっかりとこの盤に詰まっている音に耳を傾ければ、本場ニューヨークのジャズファンから「現代最高のクラシカル・ジャズ伝道者」と称賛されているのにも納得がいく。もっと彼女のアルバムを聴かなければ、そう思わせてくれる好盤です。

 
 

震災から5年3ヶ月。決して忘れない。まだ5年3ヶ月。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから、ずっと復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« ジャズ喫茶で流したい・83 | トップページ | ポールのベスト盤の「ベスト」 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/66054683

この記事へのトラックバック一覧です: 期待の女性マルチ・リード奏者:

« ジャズ喫茶で流したい・83 | トップページ | ポールのベスト盤の「ベスト」 »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ