最近のトラックバック

« プログレッシブ・ジャズロック | トップページ | スタンダーズのパーマネント化 »

2016年6月 3日 (金曜日)

オリジナル曲のキースも良い

キースのスタンダーズ・トリオは、すんなり立ち上がった訳では無かった様に思う。このアルバムを聴く度に思うのだ。Keith Jarrett『Changes』(写真左)。1983年1月の録音になる。

あれれ、と思う。1983年1月、ニューヨークでの録音。『Standards Vol.1』そして『Standards Vol.2』も同じ録音時期。つまりは、この『Standards Vol.1』そして『Standards Vol.2』と『Changes』は同一時期に録音された「三つ子」の様なアルバムなのだ。

しかし、発売時期は異なる。1983年に『Standards Vol.1』、1984年に『Changes』、1985年に『Standards Vol.2』。『Standards Vol.1』そして『Standards Vol.2』の間に『Changes』がリリースされている。

これがなんか「微妙」なのだ。この『Changes』はキースのオリジナル曲だけで固められた「即興要素」の強い、インプロビゼーションが中心のアルバムである。
 
いわゆる「スタンダーズ」とは対極にあるアルバム内容なのだ。つまりはこの時期、キースは「スタンダーズ」一本でやっていこうとは思っていなかったのだろうか。
 

Changes

 
実はこの「即興要素」の強い、インプロビゼーションが中心のアルバムは展開がダイナミックで、とても美しい。ダレたところが全く無い、ストイックなまでに即興演奏を追求した、究極の「インタープレイ」。これはこれで素晴らしい内容。スタンダーズ・トリオの演奏と比較しても全くひけをとらない。

スタンダード曲がメインの『Standards Vol.1』、そして、オリジナル曲だけで固められた『Changes』。どちらも「即興要素」の強い、インプロビゼーションが中心の内容であり、三者三様の「唯我独尊のインタープレイ」。キースのインプロビゼーションの展開も同じ雰囲気。

さて、どちらが良いのか。スタンダード曲がメインとオリジナル曲がメインと、どちらが良いのか。というのか、有り体に言ってしまうと、どちらが世の中のジャズ者にうけるのか。迷ったというか、思案投げ首のキース・ジャレットとマンフレート・アイヒャー。

きっと、二人ともこの頃はまだ「スタンダーズ・トリオ」に確信を持てて無かったんじゃないかなあ。それほどこの『Changes』の音世界は素晴らしい。思わず、1977年に遡って『Tales of Another』を想起する。この音世界のキースも凄く魅力的なのだ。

そして、1985年に『Standards Vol.2』をリリースする。そして、これがまた・・・。このアルバムの話はまた明日。

 
 

震災から5年2ヶ月。決して忘れない。まだ5年2ヶ月。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから、ずっと復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« プログレッシブ・ジャズロック | トップページ | スタンダーズのパーマネント化 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/65829142

この記事へのトラックバック一覧です: オリジナル曲のキースも良い:

« プログレッシブ・ジャズロック | トップページ | スタンダーズのパーマネント化 »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ