最近のトラックバック

« ジャズの合間のルーツ・ロック | トップページ | 若きハービーの矜持を感じる »

2016年6月27日 (月曜日)

ジャズ喫茶で流したい・84

温故知新で、ハードバップやモード・ジャズを更なる高みに極めるのも良いが、新しい響きを宿したエレクトリック・ジャズを追求するのも良い。どちらも、ジャズを発展させ、ジャズを活性化するには欠かせないアプローチである。

dCprG『フランツ・カフカの南アメリカ』(写真左)。菊地成孔率いるDCPRGがバンド名の表記をdCprGに変更し、ニューアルバムをリリース。昨年のことである。当時で約3年ぶりの新譜。アルバム・ジャケットも洒落ている。

この「dCprG」は、新しい響きを宿したエレクトリック・ジャズを追求するグループ。「DATE COURSE PENTAGON ROYAL GARDEN」の略。このバンドは「エレクトリック・マイルスをコンセプトの軸に、アフロポリリズムやファンク、現代音楽を取り入れることで、クラブカルチャー/ダンスフロアに、従来とは異なる律動構造をもったダンスミュージックを提示すること」がコンセプト。明快である。

この新盤『フランツ・カフカの南アメリカ』は、明らかに良質のエレクトリック・ジャズである。どの楽器もテクニック優秀。乾いたファンクネスが仄かに漂うオフビートをベースに、エレピ中心のエレ・ジャズから幕を開ける。

そして、途中、菊地成孔のサックスが入ってきて、一気にその音世界は「エレクトリック・マイルス」で充満する。エレ・マイルスより、軽快で判り易い疾走感と爽快感溢れるエレ・ジャズ。それでも、サックスのアドリブ・フレーズのコンセプトは明らかに「エレ・マイルス」。さらに、類家心平のトランペットの参入で、エレクトリック・マイルス色が更に色濃くなる。
 

Franz_kafkas_south_amerika

 
大村孝佳のエレギは、徹頭徹尾、音色と弾きこなしが、思いっきりロックなエレギ。マイルスはギタリストに「ジミヘンの様に弾け」と指示した。ロックそのもののエレギを弾けということなんだろうが、このdCprGの大村孝佳のエレギは、完璧なロックなエレギ。エレ・ジャズがどっぷりとジャズに傾倒するのを押しとどめる。

坪口昌恭と小田朋美のキーボード、特にシンセがロック&テクノ・ポップしていて、これまたユニーク。確かに、エレクトリック・マイルスをコンセプトの軸にはしているが、エレギとキーボードの個性のお陰で、エレ・マイルスの音世界を一歩二歩、前に推し進めている。

様々なジャンルの音を取り入れた、アーティスティックなワールド・ミュージック風な音作りも新しく響く。恐らく、ジョー・ザビヌルが生きていたら、うらやましがったであろう、アーティスティックなワールド・ミュージック風なエレ・ジャズ。

こういった、新しい響きを宿したエレクトリック・ジャズを追求する動きが、日本のジャズ・シーンから発信されていることに誇りを感じる。本国米国では、エレ・ジャズのフォロワーはほどんといない。しかし、ここ日本では、このdCprGが、正統なエレ・マイルスのフォロワーとして君臨している。

エレ・マイルス者の僕としては、この盤を聴いていて、まったく嬉しくなってしまう。頬が緩みっぱなしである。

 
 

震災から5年3ヶ月。決して忘れない。まだ5年3ヶ月。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから、ずっと復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« ジャズの合間のルーツ・ロック | トップページ | 若きハービーの矜持を感じる »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/66232443

この記事へのトラックバック一覧です: ジャズ喫茶で流したい・84:

« ジャズの合間のルーツ・ロック | トップページ | 若きハービーの矜持を感じる »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ