« 梅雨の朝にピッタリの盤です | トップページ | ながら聴きのジャズも良い・7 »

2016年6月23日 (木曜日)

ながら聴きのジャズも良い・6

何かをしながらの「ながら聴き」のジャズも「オツなもの」である。良い録音で流麗な演奏。そんな中、ちょっと印象的でキャッチャーなアドリブ・フレーズが耳を駆け抜ける。それでも「ながら」の邪魔をすることは無い。逆に「ながら」を支えるリズミカルで流れる様なジャズ。

今年5月リリースの最新作である。One for All『The Third Decade』(写真左)。ジャズ界の精鋭部隊が大集合。ちなみにパーソネルは、Jim Rotondi (tp&flh), Eric Alexander (ts), Steve Davis (tb), David Hazeltine (p), John Webber (b), Joe Farnsworth (ds)。

ニューヨークのライブハウス、Samllsで結成されたOne For All。1997年がデビュー作だったから、もうかれこれ10年位、活動していることになる。結成当時は「有望若手〜中堅が大集合」だったが、今では「充実した中堅〜ベテランが大集合」の様相。

音もデビュー当時は「ピッチピチな若さ溢れ、勢いある」演奏、今は「しっかりとツボを押さえた余裕ある」演奏。歳を重ねる毎に魅力がどんどん積み重ねられ、テクニックはどんどん高みに登っていく。成長と充実がしっかりと感じられるOne for Allの演奏は「ながら聴き」に最適。
 

One_for_all_the_third_decade

 
ジャズのスタイルとしては「ネオ・ハードバップ」というか「ネオ・モード」である。モード・ジャズもここまで極めることが出来るんやなあ、と単純に感心する。凄く滑らかで朗々としたフレーズが心地良い。ハイテクニックであるが故に淀みの無いモードなアドリブが朗々と展開される。

とにかく耳に優しい。滑らかなアドリブ・フレーズが心に優しい。何かやりながら聴いていても、決して邪魔にならない。それでいて、印象的なフレーズや演奏テクニックが出たら、「おおっ」と感じて手を止める。そして、少し演奏に聴き入って、また、ながら聴きに戻る。そんなシチュエーションにぴったりの、実に高度な「ネオ・モード」なジャズです。

モード・ジャズと言えば、1950年代後半から1960年代前半に、マイルス・デイヴィスやビル・エバンスが中心に展開したジャズの演奏スタイルなので、進歩が無いと言えば進歩が無い。マイルスが生きていたら怒りそう(笑)。しかし、変化し続けるのもジャズだが、スタイルを維持し続けるのもジャズ。これはこれで立派な演奏である。

良いジャズです。ジャズ喫茶で、何気なく流して「ながら聴き」するのに良い「ネオ・モード」なジャズ。とにかく高度な演奏、流麗なジャズ。聴いていて心地良いことこの上無し。好盤です。

 
 

震災から5年3ヶ月。決して忘れない。まだ5年3ヶ月。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから、ずっと復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« 梅雨の朝にピッタリの盤です | トップページ | ながら聴きのジャズも良い・7 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ながら聴きのジャズも良い・6:

« 梅雨の朝にピッタリの盤です | トップページ | ながら聴きのジャズも良い・7 »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、 ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で、不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 青春のかけら達(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでのジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で、不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。         
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー