最近のトラックバック

« こんなアルバムあったんや・62 | トップページ | ボウイの『Ziggy Stardust』 »

2016年5月10日 (火曜日)

このボーカルが「ディーディー」

故あって、この女性ボーカルを聴き直している。Dee Dee Bridgewater(ディー・ディー・ブリッジウォーター)。米国テネシー州メンフィス出身の女性ジャズ・ボーカリスト。1950年5月生まれなので、今年で66歳になる。

1978より本格的にジャズを聴き初めて2年。当時、流行していたフュージョン・ジャズの世界で、なかなか本格的なボーカルが見当たらないなあ、とぼやいていたら、例の「秘密の喫茶店」のママさんがこのアルバムを聴かせてくれた。

ディーディーのセカンド盤である『Dee Dee Bridgewater』(写真左)。1976年のリリース。自らの名を冠したアルバムである。邦題は『私の肖像』。この邦題が「言い得て妙」で、このセカンド盤は、ディーディーの個性と傾向がしっかりと聴いて取れる。

とにかく本格的な女性ジャズ・ボーカルである。しかも、飛び切り巧い。この正統派で飛び切り巧いボーカルが、フュージョン・ジャズなアレンジをバックに唄いまくる。これがまあ、ソフト&メロウで、かつ力感のあるボーカルで、バックのストリングスや電気楽器の演奏に負けること無く、クッキリと浮かび上がる。
 

Dee_dee_bridgewater1

 
バックの演奏は完璧にフュージョン・ジャズ。プロデュースが「Stanley Clarke」。このプロデューサーの名を見れば、この盤は「ブラック系ファンク・フュージョン」。そして、パーソネルを見渡せば、George DukeをメインにBobby LyleやRonnie Foster、そしてChick Coreaまで、当時のL.A.ブラック系フュージョン・ジャズの強者共がずらり名を連ねた布陣。

そんな豪華なバックバンドの音に負けない、ディーディーのボーカルは頼もしくあり、魅力的である。アルバム全体の収録曲が40分弱とやや時間的には物足りないが、ディーディーの個性を感じ、ボーカルの傾向を理解するには十分な内容のセカンド盤である。

ディーディーの才能のほんの一部分しか楽しめないフラストレーションが残る盤、との評もありますが、ディーディーを全く知らないジャズ者にとっては、ポップさと聴き易さとが同居したこのセカンド盤が、ディーディーを知るには一番近道の盤であると言えます。フュージョン・ジャズのボーカル盤としてお勧めの一枚です。

 
 

震災から5年1ヶ月。決して忘れない。まだ5年1ヶ月。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから、ずっと復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« こんなアルバムあったんや・62 | トップページ | ボウイの『Ziggy Stardust』 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/65417028

この記事へのトラックバック一覧です: このボーカルが「ディーディー」:

« こんなアルバムあったんや・62 | トップページ | ボウイの『Ziggy Stardust』 »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ