最近のトラックバック

« 「悪友」たちのライブの記録 | トップページ | 「マシュー・ハルソール」とは »

2016年5月22日 (日曜日)

ウィンウッドの「ハモンド」盤

70年代ロックのアルバム・コレクターとして、雑誌「レコード・コレクターズ」は手放せない。コレクションを進める上で、この雑誌の情報は役に立つ。バックナンバーも含めて、読み返したら読み返しただけ、コレクションについてのヒントがある。

さて、今月号の「レコード・コレクターズ」の特集は「20世紀のベスト・キーボーディスト/ビアニスト100」。2000年までにデビューしたキーボード奏者の中から、ロック/ポップスの世界に大きな影響を与えた人を30名を選出とある。これはなかなかに面白い特集だ。

その中で、これは、と思ったキーボーディストが「スティーヴ・ウィンウッド(Steve Winwood)」。英国ロック史上、屈指のキーボーディスト。トラフィックからブラインド・フェイス、そしてソロ時代に渡って、彼のキーボードの卓越したテクニックとフレーズには常に感心して来ました。

そして、この「レコード・コレクターズ」特集で挙げられていたアルバムが、Steve Winwood『About Time』(写真左)。2003年のリリース。当時、デビュー40周年のスティーブ・ウィンウッドが6年ぶりに新作を発表。でもあの頃は、僕にとって、もうウィンウッドは過去の「レジェンド」となっていて、触手は伸びませんでした。
 

Steve_winwood_about_time

 
しかし、「レコード・コレクターズ」の特集記事でこのアルバムのことを思い出した。そして即ゲット。聴いてみてビックリ。特集記事の通り、このアルバムでは、彼はプロデュースの他はボーカルとハモンド・オルガンに専念しており、このハモンド・オルガンが実に良い。これだけセンスの良いハモンド・オルガンはそうそう無い。

ジャズ・オルガンに遡って、様々なオルガン・プレイを総括して、ウィンウッドなりに解釈した「極上のハモンド・オルガンのプレイ」をこのアルバムでは聴くことが出来る。なんと、ベース・パートまでフット・ペダルで弾いていて、彼の意気込みが聴いて取れる。

ハモンド・オルガンのマニアにとっては堪えられない内容である。ウィンウッドのキーボード・プレイは、今も昔も変わらず「格好良い」。これだけ趣味の良いアプローチ、テクニック優秀、歌心溢れるフレーズはなかなか聴くことが出来ない。ウィンウッドのキーボード・センスを見直したのは言うまでも無い。

ロックのジャンルにおいて、これだけ内容のあるハモンド・オルガンの使い手はいない。ブラインド・フェイスやトラフィックを彷彿とさせるジャズ&ファンク的色合いが色濃く出ていて、70年代ロックのマニアにとっても「聴きもの」の内容になっている。しかしまあ、ウインウッドは隅に置けない。

 
 

震災から5年2ヶ月。決して忘れない。まだ5年2ヶ月。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから、ずっと復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« 「悪友」たちのライブの記録 | トップページ | 「マシュー・ハルソール」とは »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/65621832

この記事へのトラックバック一覧です: ウィンウッドの「ハモンド」盤:

« 「悪友」たちのライブの記録 | トップページ | 「マシュー・ハルソール」とは »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ