最近のトラックバック

« デックスの「魅力全開」な盤です | トップページ | 「ブラジョン」って知ってる? »

2016年5月25日 (水曜日)

ニューオリンズ・ジャズが楽しい

Dee Dee Bridgewater(ディー・ディー・ブリッジウォーター、愛称ディーディー)のボーカル盤にはプログレッシブな内容のものが多々ある。ジャズのトレンドというものに対してのセンスが抜群に良いのだろう。単なる女性ボーカルのポップなアルバムに留まらない、何か常にしっかりしたテーマを持ってアルバム作りをしている。

僕はそんなディーディーが僕はお気に入りで、デビュー盤から時有る毎に彼女のリーダー作を聴き続けている。彼女のアルバムはしっかりとしたコンセプトが存在するので、聴いていて飽きることが無い。しかも頭でっかちに凝り固まること無く、聴き手のことも考えながら、アレンジなどにも気を配っている様子が良く判る。

そんなディーディーの最新作がこれ。Dee Dee Bridgewater『Dee Dee's Feathers』(写真左)。昨年4月のリリース。ディーディーがこの盤では「ニューオリンズ・ジャズを歌う」のだ。いや〜これがまあ、良い出来でねえ。実にプログレッシブな内容に、もう聴いていてワクワクする。

ニューオリンズ・ジャズを代表するトランペッターアーヴィン・メイフィールドとのコラボレーション。これが「なるほどなあ」と納得するアプローチ。ジャズの起源とされるニューオリンズ・ジャズ。

例えば、純ジャズ復古のリーダー、ウィントン・マルサリスなどは躍起になって、このニューオリンズ・ジャズやっていた時期がある。ニューオリンズ・ジャズこそがジャズである、と。しかし、そのウィントンのニューオリンズ・ジャズへのアプローチには、なんだか頭でっかち、頭で考えたままの凝り固まった雰囲気が漂っていて、どうにもその内容に感心することは無かった。
 

Dee_dees_feathers

 
しかし、このディーディーのアルバムは違う。現代のニューオリンズ・ジャズの担い手そのものを連れてきた。その演奏を聴くと、さすが担い手なだけはある。思いっきりニューオリンズ・ジャズの雰囲気が漂うのだ。

「What A Wonderful World」や「Big Chief」「One Fine Thing」「Congo Square」といったトラディショナルな名曲が、ニューオリンズの雰囲気たっぷりなアレンジで歌い上げられていく。これは実に良い。快感ですらある。ディーディーのボーカルは上手いうえに、伸びやかで自由な大らかさが個性。力感がありながら繊細な一面も覗かせる。実に巧みなボーカルである。

「Dee Dee's Feathers」「C'est Ici Que Je T'aime」といった新曲も魅力的。中堅の年齢に差し掛かった、ニューオリンズ・ジャズ畑のトランペッターであるアーヴィン・メイフィールドとニューオリンズ・ジャズ・オーケストラのバッキングも見事。本作のコンセプトは「Modern Vision of New Orleans」とのことだが、アレンジ含めて、このスタジオ盤での演奏は、そのコンセプトに十分応えている。

まあ、ジャズの起源であるニューオリンズ・ジャズが如何なるものであるか、を理解していないと、このアルバムは聴いてみても魅力は半減。そう意味では、ジャズ者ベテランからディーディー者の方々に是非にお勧め。ジャズ者初心者の方々はスルーしても良いでしょう。しかし、演奏の内容とレベルは上質。好盤の類ではあります。

 
 

震災から5年2ヶ月。決して忘れない。まだ5年2ヶ月。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから、ずっと復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« デックスの「魅力全開」な盤です | トップページ | 「ブラジョン」って知ってる? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/65673436

この記事へのトラックバック一覧です: ニューオリンズ・ジャズが楽しい:

« デックスの「魅力全開」な盤です | トップページ | 「ブラジョン」って知ってる? »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ