« 5月8日までブログはお休みです | トップページ | このボーカルが「ディーディー」 »

2016年5月 9日 (月曜日)

こんなアルバムあったんや・62

このボーカル盤はユニークである。1曲聴けば、ほぼ男性ボーカルの方は「トニー・ベネット」であることが推察できる。しかし、パートナーである女性ボーカルが誰だか判らない。もともと、女性ボーカルは苦手なので判らなくて当然なんだが、とにかく巧い。有望な若手女性ジャズ・ボーカリストだと推察する。

で、種明かしをされて「あらビックリ」。女性ボーカリストは「レディ・ガガ」。そうこの盤こそが、Tonny Benett & Lady Gaga『Cheek to Cheek』(写真左)。2014年9月のリリース。発売当時、あの「レディ・ガガ」がジャズ・ボーカルにチャレンジした盤として話題となったが、ボーカル盤が故、当時は一端「スルー」した。

今回、海外への高飛びの飛行機の中でこの盤を聴くことが出来た。聴いてみて「あらビックリ」。堂々としたジャズ・ボーカル盤に仕上がっている。この女性ボーカルが「レディ・ガガ」と明かされ無くても、このアルバムは話題となり、かなり売れるだろう。それだけ、女性ボーカルの存在が際立っている。

男性ボーカルのトニー・ベネットの力量には定評があるが、このジャズ・ボーカルの大御所、トニー・ベネットにレディ・ガガが絡むとは思わなかった。全く「思いもしない」組合せである。しかも、この「思いもしない」組合せについては、聴く前の想定を越えた、堂々とした、正統派なジャズ・ボーカルを実現している。
 

Cheek_to_cheek

 
タイトル曲の「Cheek to Cheek」を始めとして「It Don't Mean A Thing」「Nature Boy」などの大スタンダード曲中心の選曲については「またか」感は否めないが、この大スタンダード曲を変にアレンジでこねくり回すこと無く、意外と素直に唄い上げている。この「素直に唄い上げている」ところがこの盤の好感度を上げている。

もともと、レディ・ガガについては、その歌唱力には定評があり、声に独特の艶があるので、ジャズ・ボーカルをやられても、それなりにやるんだろう、という想定は出来るが、これほどまでにジャズ・ボーカルにフィットし、しっかりとしたジャズ・ボーカル盤に仕上げてくるとは。レディ・ガガ恐るべし、である。

あまり話題にならないが、バックのバンド演奏もレベルが高い。そういう意味では、レディ・ガガがジャズ・ボーカルにチャレンジしたという事だけでは無く、トータルとしてこの盤は優れた内容だ、という事だろう。

アルバムの触れ込みである「ポップ・ミュージックのカリスマ(レディー・ガガ)とアメリカ・ショウビズのレジェンド(トニー・ベネット)によるコラボ―レーションアルバム」とは言い得て妙である。最近のジャズ・ボーカルの好盤である。決して「際もの」盤では無い。

 
 

震災から5年1ヶ月。決して忘れない。まだ5年1ヶ月。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから、ずっと復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« 5月8日までブログはお休みです | トップページ | このボーカルが「ディーディー」 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: こんなアルバムあったんや・62:

« 5月8日までブログはお休みです | トップページ | このボーカルが「ディーディー」 »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー