« 伸び伸びと唄うギターはなかなか | トップページ | ながら聴きのジャズも良い・2 »

2016年4月14日 (木曜日)

和蘭が誇る欧州のビッグバンド

最近、ビッグバンドのジャズ盤から、ちょっと遠ざかっていた。それでも好きなものは好きなので、ネットであれこれ情報を集めていたら、このビッグバンドに出くわした。「良いよ、これ」という評判にグッと惹かれて探してみたら、これがなかなか良い。

Jazz Orchestra of the Concertgebouw & Jan Van Duikeren『Scribblin'』(写真左)。オランダが誇る欧州のビッグバンドのライブ盤である。人気トランペッター、ヤン・ヴァン・ダウケレンの曲、演奏をフィーチュアした、コンポーザー・シリーズ第4作目とのこと。

聴いてみると、あらまあ、素晴らしいビッグバンド演奏の数々。テクニックに優れ、一糸乱れぬユニゾン&ハーモニー。ダイナミック・レンジの広いメリハリの付いた展開。音の強弱の差が大きく、抑揚がダイナミックで聴き応えがある。いやいや、こんなビッグバンドがあったなんて、「びっくりポン」である(笑)。

しかも、アレンジが素晴らしい。従来のビッグバンドとは全く似ても似つかぬ、ファンクなリズム&ビートに乗ったダンサフルな演奏もあれば、ロックの様な展開のバラードもある。従来の「ジャズ」のアレンジの傾向を踏襲しない、ロックやファンクなど、他の音楽ジャンルの音の雰囲気を取り込んだ、現代的なビッグバンドの演奏である。
 

Joc_scribblin_2

 
テクニックに優れ、恐らく、かなり練習を積んでいると思われる。とにかく疾走感が半端でない。一糸乱れぬユニゾン&ハーモニーが実に「高速」なのだ。よく合うよな〜、と単純に感心する。

従来のビッグバンドなアレンジも秀逸。スイング感が半端でない。実にスインギーにビッグバンド全体が揺れる。ヤン・ヴァン・ダウケレンのリリカルなフリューゲル・ホーンも魅力的だ。

オランダが誇る欧州のトップ・ビッグ・バンド、ジャズ・オーケストラ・オブ・ザ・コンセルトヘボウ (JOC)。「コンセルトヘボウ」という名を冠しているようにクラシックの殿堂として知られるコンサートホールが運営に携わる公的なビッグバンド。こんなに凄い演奏をするビッグバンドとは知らんかった。

この『Scribblin'』ってアルバム、ジャケット・デザインも秀逸。JOCの音のイメージにピッタリ。調べれば、この『Scribblin'』以外にも2〜3枚のアルバムが出ているみたいで、残りのアルバムも全て聴いてみたいなあ。いや〜、久し振りに魅力的なビッグバンドに出会いました。ほんと「びっくりポン」です(笑)。

 
 

震災から5年。決して忘れない。まだ5年。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから、ずっと復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« 伸び伸びと唄うギターはなかなか | トップページ | ながら聴きのジャズも良い・2 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 和蘭が誇る欧州のビッグバンド:

« 伸び伸びと唄うギターはなかなか | トップページ | ながら聴きのジャズも良い・2 »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、 ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で、不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 青春のかけら達(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでのジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で、不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。         
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カテゴリー