最近のトラックバック

« ディ・メオラのビートルズ盤 | トップページ | こんなアルバムあったんや・59 »

2016年3月22日 (火曜日)

マルサリス兄ちゃんの個性

1980年代、純ジャズ復古の中心となった「マルサリス一族」。お父ちゃんが「エリス・マルサリス」。兄ちゃんが「ブランフォード」、二番目の弟が「ウィントン」、三番目の弟が「デルフィーヨ」、末の弟が「ジェイソン」。皆、ジャズメンである。

このウィントン一族のメンバーそれぞれが奏でるジャズを聴いてきたが、真ん中の弟ウィントンが一番生真面目で遊び心が少ない様に感じる。この10年は四角四面に純ジャズを追求するあまり、ジャズの発祥と言われるニューオリンズの「デキシーランド・ジャズ」にまで遡ったりしたりで、それはそれは聴く方も大変である。

その真ん中の弟に対して、長男、兄ちゃんのブランフォード・マルサリスは「天才肌」のジャズメンである。テクニックは優秀、兄ちゃんのテナーの音、フレーズは印象的。その吹きっぷりは理詰め、理屈の類では無く、本能のおもむくままに吹きたい様に吹くと入った塩梅だ。

この世代のテナー奏者は皆こぞって「コルトレーンのフォロワー」たらんとするのだが、マルサリス兄ちゃんは違う。どちらかと言えば、ソニー・ロリンズの雰囲気が、マルサリス兄ちゃんのテナーのフレーズに漂っている。やりたいフレーズを吹き、純ジャズには過度に拘らない。今の耳にも実にユニークなテナーマンである。

そんなマルサリス兄ちゃん、ブランフォード・マルサリスの個性を感じるには、デビュー盤辺りが一番良い。ということで、我がバーチャル音楽喫茶『松和』では、ブランフォードの個性を感じるための盤として、この2枚をいつも紹介している。Branford Marsalis『Scenes In the City』(写真左)と『Royal Garden Blues』(写真右)の2枚である。
 

Scenes_in_the_cityroyal_garden_blue

 
デビュー盤の『Scenes In the City』では、ブランフォードの考える「コンテンポラリーな純ジャズ」の枠組みを感じることが出来る。冒頭の「No Backstage Pass」のテナーとベースとドラムというピアノレスのトリオでの即興のブルース。骨太なテナー、そして、閃き一発勝負なアドリブ。ロリンズをストイックにした様なテナーに思わず耳をそばだてる。

二曲目のタイトル曲がその「枠組み」を物語る。それは、通りを歩く男の靴音から始まり、ジャズクラブのドアを開けるところから始まる。主にナレーションとバックに流れる演奏で作られた「寸劇」の様なジャズ。ブランフォードにとっては、これもジャズなのだ。融合の音楽であるジャズ。ブランフォードはジャズに演劇をも融合する。

そして、ブランフォードのテナーの個性を思いっきり体験するには、セカンド盤の『Royal Garden Blues』が最適だろう。この盤ではとにかくブランフォードはテナーを心ゆくまで吹きまくる。ベースは3人、ドラムは4人、ピアノは4人、取っ替え引っ替え入れ替えて、曲毎の印象は目まぐるしく変わるが、ブランフォードのテナーの個性は意外と「ぶれない」。

朗々と閃き一発勝負なアドリブを吹きまくるブランフォードは、セカンド盤で既に一流のテナーマンとして、その個性を確立している。ブランフォードは、素性は確か、比類無き才能を持った、類い希なるテナーマンであった。このセカンド盤を聴けば良く判る。ワンホーンで豪快に吹きまくるブランフォードは実に魅力的だ。

今までの言動や跳んだり跳ねたりする作風で、どうも日本ではその人気はイマイチなのだが、僕はそんなブランフォードが意外と気に入っている。改めて、ブランフォードのリーダー作の聴き直しを進める所存である。

 
 

震災から5年。決して忘れない。まだ5年。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから、ずっと復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« ディ・メオラのビートルズ盤 | トップページ | こんなアルバムあったんや・59 »

コメント

マルサリス一家・・同感ですねえ。^^
若きウイントンを持ち上げ、勘違いさせて?あらぬ方向へと走らせたのは実はマスコミではないか?と思っています。

SJ誌では特に大ヨイショ連載で、それまでのブレイキーバンドなどでの若き無心のヤングマンをいきなり「二宮尊徳伝」?風にやりすぎて、フアンおよび本人の抵抗と勘違いを招いたような気がします。(~_~;)

その後の数作品および純クラシックのCDを聴くにつけ、相変わらずの勘違いぶりに現在はついていけませぬ。。(~_~;)

キース、チック他のジャズメンが取り上げる純クラシックを楽しむには、
「作曲家が今生きていたらこんな表現かな?」と、聴けばそれなりに楽しめるように思いつつ聴くことが多いであります。笑

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/64589414

この記事へのトラックバック一覧です: マルサリス兄ちゃんの個性:

« ディ・メオラのビートルズ盤 | トップページ | こんなアルバムあったんや・59 »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ