最近のトラックバック

« これがレイシーのソプラノの基本 | トップページ | そんな骨のあるジャズメン »

2016年3月 5日 (土曜日)

1990年代のリー・コニッツ

リー・コニッツのアルトを聴き直している。リー・コニッツは1927年生まれなので、今年で89歳になる。まだまだ現役らしく、彼のリーダー作も相当な数に上る。聴き直しも大変だ。

コニッツの活動期間は長く、コニッツのアルバムの聴き直しは、例えば1950年代とか1960年代とか、10年単位に区切って進めている。最近、聴き直して改めて感じ入ったのは、1990年代のコニッツ。

1990年代のコニッツは、1980年代後半の「純ジャズ復古」の追い風を受けて、しっかりとメインストリームなジャズを展開している。しかしながら、1950年代から1960年代のハードバップに懐古することは全く無く、1990年代では1990年代のトレンドをしっかり押さえた、コンテンポラリーな純ジャズを追求していた。

今回、1990年代のコニッツの聴き直しで感じ入ったアルバムを2枚ご紹介。まずは、リリカルで切れ味の良いコンテンポラリーなピアノが個性のポール・ブレイと双頭リーダーを張ったアルバム、Lee Konitz and Paul Bley『Out of Nowhere』(写真左)。

1997年4月の録音。ちなみにパーソネルは、Lee Konitz (as), Jay Anderson (b), Billy Drummond (ds), Paul Bley (p)。スティープルチェイス・レーベルからのリリースになる。切れ味の良いポジティブなアルトのコニッツとブレイのリリカルで耽美的なピアノとの対比が実に味わい深い。
 

1990_lee_konitz

 
スタンダード曲がメインの選曲だが、渋いスタンダード曲ばかりが並んで、聴いていても飽きが来ず楽しい。ライブ録音一発録りが多いスティープルチェイスのアルバムの中で、このアルバムはスタジオ・セッションの記録なんだが、意外と音が良い。

もう一枚は、Lee Konitz and Kenny Wheeler Quartet『Live At Birdland Neuburg』(写真右)。1999年11月の録音。ちなみにパーソネルは、Lee Konitz (as), Gunnar Plümer (b), Frank Wunsch (p), Kenny Wheeler (tp,flh)。ドイツはノイベルグのライブハウスでのライブ録音である。

独特のラウンドな拡がりのあるウォームな音色が個性のケニー・ホイーラーとコニッツがメインのドラムレス・カルテット。ライブ盤である。ドラムレスなので、コニッツのアルトとホイーラーのトランペットのコラボレーションが心ゆくまで楽しめる。

このライブ盤でも、切れ味の良い、ポジティブなアルトのコニッツとホイーラーのラウンドな拡がりのあるウォームなトランペットとの対比が実に味わい深い。ライブなので、適度なテンションも心地良く、全編に渡って、1990年代のコンテンポラリーな純ジャズがてんこ盛り。

1990年代のコニッツは好調。クールとホットを織り交ぜた、切れ味の良いポジティブなアルトが心地良く響く。1990年代のコニッツのアルバムに外れは無いようだ。

 
 

震災から4年11ヶ月。決して忘れない。まだ4年11ヶ月。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« これがレイシーのソプラノの基本 | トップページ | そんな骨のあるジャズメン »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/64294016

この記事へのトラックバック一覧です: 1990年代のリー・コニッツ:

« これがレイシーのソプラノの基本 | トップページ | そんな骨のあるジャズメン »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ