最近のトラックバック

« こんなアルバムあったんや・56 | トップページ | ベテラン達のクロスオーバー化 »

2016年2月16日 (火曜日)

ジョンスコ・孤高の変態ジャズ

John Scofield(ジョン・スコフィールド)。愛称、略して「ジョンスコ」。現代ジャズ・ギターのスタイリストの一人と目しているギタリスト。エレギがメインで、その捻れた音色&フレーズは一度聴いたら忘れられないほど個性的なもの。どこかで流れていても、これはジョンスコや、と直ぐに判るほどの個性である。

エレギをメインに捻れに捻れたフレーズを連発する訳だが、意外とその底にファンクネスが漂っているから堪らない。音色は「くすんでいる」。ほどよく「くすんだ」明快な音色は如何なる楽曲でもポジティブに響く。ジョンスコのギターはポジティブ。とても前向きである。

捻れたフレーズを個性に、思いっきりぶっ飛んだコンテンポラリーなジャズから、捻れを適度に押さえて、伝統のオクターブ奏法を織り込みながらのメインストリームなジャズまで、尖った現代的なジャズから伝統的な純ジャズまで、適用力の広さもジョンスコの個性である。

僕は思いっきりぶっ飛んだコンテンポラリーなジャズのジョンスコがお気に入りである。尖って硬派にぶっ飛んで捻れに捻れたジャズ・ギター。決して他に追従を許さない、孤高の「変態ジャズ」。そんなジョンスコが大好きだ。

そんな捻れに捻れた「変態ジャズ」のジョンスコは、リーダー作のジャケット・デザインを見れば直ぐに判る。ジョンスコのアルバムは、その内容についてはジャケット・デザインを見れば容易に想像出来る。恐らく、意識しているのだろう。

例えば、このアルバムなどがその良い例だろう。John Scofield『Überjam』(写真左)。2002年のリリース。まず、この盤のジャケット・デザインを見て欲しい。このジャケットは尋常では無い。
 

Uberjam

 
普通、こういう捻れた「変態デザイン」なジャケットを採用しないだろう。これはジョンスコの、我々聴き手に対するメッセージである。この盤は、尖って硬派にぶっ飛んで捻れに捻れた「変態ジャズ」だよ、と。

で、聴いてみると、なるほど、尖って硬派にぶっ飛んで捻れに捻れた「変態ジャズ」である(笑)。ディストーションした太いエレギの音色が捻れに捻れまくる。ジャケットのイメージ通り、ジャジーで曼荼羅な音世界が展開する。インド音楽とジャズの邂逅。エレギで奏でる東洋音楽と西洋音楽の融合。これも「フュージョン」である。

打ち込みでないベースやドラムが心地良く響き、適度なノリの良さが特徴の「ジャム・バンド系」の音世界。John Medeskiのオルガンのレガシーな響きが効いている。途中4曲目「I Brake 4 Monster Booty」ではラップが出てきたり、で、ほんと、良い意味でアウトに外れて、適度にぶっ飛んでいます。

この盤の音世界って、ジャズ者の皆さんのどれだけが、心から楽しむことが出来るのでしょうか。そんなふとした不安を思いっきり感じる「変態ジャズ」盤です。でもなあ、この尖って硬派にぶっ飛んで捻れに捻れた「変態ジャズ」な風情が良いんだよな〜(笑)。

食べ物に喩えると、くさやの干物、リヴァロ(ウォッシュタイプのチーズ)、シュールストレミング(塩漬けして発酵させたニシンを缶詰にしたもの)などと同じ感じのコンテンポラリー・ジャズですね。捻れに捻れてアウトに外れたフレーズですが、聴けば聴くほどに、その底に潜む、知る人ぞ知る魅力に填まっていく。

マイルス御大が生きていたら、恐らく絶対に要求しそうな、そんなリズム&ビート、そしてアウトなフレーズが満載です。現代ジャズの最前線な音世界でもあります。でもなあ、このアルバム・ジャケットですから、手にとって聴くのに「ちょっと勇気の要る」好盤ですね(笑)。

 
 

震災から4年11ヶ月。決して忘れない。まだ4年11ヶ月。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« こんなアルバムあったんや・56 | トップページ | ベテラン達のクロスオーバー化 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/63984170

この記事へのトラックバック一覧です: ジョンスコ・孤高の変態ジャズ:

« こんなアルバムあったんや・56 | トップページ | ベテラン達のクロスオーバー化 »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ