最近のトラックバック

« キャノンボールのアルトの歌心 | トップページ | フェルドマンの初お目見え盤 »

2016年2月 7日 (日曜日)

カシオペアのデビュー盤を聴く

1970年代後半、僕がジャズを聴き始めた頃はフュージョン・ジャズの大ブーム。猫も杓子もフュージョン・ジャズ。そんな中、和製フュージョン・ジャズ、つまり日本人ジャズメンによるフュージョン盤も大量生産された。

そんな中で、21世紀の今に生き残る和製フュージョン・バンドが2つある。ひとつはカシオペア、もう一つはT-スクエア。どちらも紆余曲折を経ながらも、今でも現役でバンド活動を続けている。今回、やっとカシオペアの初期の頃のアルバムのコレクションが整ったので、一気に聴き直しを始めた。

まずはやっぱりこの一枚だろう。『CASIOPEA』(写真)。1979年5月に発売された記念すべきカシオペアの1stアルバムである。結構、豪華な録音環境で、ホーン・セクションとして、David Sanborn、Randy Brecker、Michael Breckerらがゲスト参加している。全ての曲は野呂一生の作で固められている。

カシオペアはデビューから現在に至るまで、一貫して「ギター、ベース、キーボード、ドラム」の4人編成(カルテット)で活動。ギターがメインのカルテット構成、これが実に良い。音がシンプルで疾走感溢れ、個々の楽器の音の分離が良い。電気楽器メインとしたフュージョン・ジャズ系バンドの理想系だろう。
 

Casiopea_first  

 
さて、このファースト盤であるが、驚愕の「目眩くテクニック」が目白押し。1979年当時のフュージョン系バンドのファースト盤としては、かなりの完成度の高さを誇ります。とにかく、仕掛けに凝りに凝りまくり、凄まじいテクニックを誇示しまくっている。

当時、この凄まじいテクニックが鼻につくどころか、一聴するだけで驚愕し、こいつらどうなってるんや、と思わずヘビロテになり、改めて「これは凄いバンドが出現した」と唖然としたことを昨日のことの様に覚えている。

冒頭の「タイムリミット」のドラムとホーンセクションのリフを聴くだけでワクワクする。そしていきなり出てくるエレベのソロ。当時、エレベの最高峰とされたジャコ・パストリアスのソロとなんら遜色の無いエレベのソロに驚愕。そして、目眩くテクニックの嵐、弾き倒しまくるエレギに驚喜。趣味の良い、程良く抑制されたキーボードに信頼感を感じて、このバンドが和製なのに思わず疑いを持った。

とにかく全編、懐かしい楽曲ばかり。ジャズ者初心者の頃、大学時代、思いっきり聴きまくった和製フュージョン盤です。今の耳には、内容的に若さが故に未成熟なフュージョン・インストですが、その若さが良い。そして、日本人発の素晴らしいフュージョン・バンドの出現に、当時、思いっきり驚喜乱舞しました。懐かしい想い出です。

 
 

震災から4年10ヶ月。決して忘れない。まだ4年10ヶ月。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« キャノンボールのアルトの歌心 | トップページ | フェルドマンの初お目見え盤 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/63839675

この記事へのトラックバック一覧です: カシオペアのデビュー盤を聴く:

« キャノンボールのアルトの歌心 | トップページ | フェルドマンの初お目見え盤 »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ