最近のトラックバック

« 今年もよろしくお願いします | トップページ | 聴き初めのアルトの「続き」 »

2016年1月 3日 (日曜日)

今年の聴き始めは「これ」

今年はカレンダーがあまり良く無くて、正月三が日明けてすぐに月曜日で出勤。こういう日取りって久し振りじゃないかしら。調べてみたら2010年以来とのこと。6年ぶりかあ。なんか正月気分が抜けないまま、一週間をはたらくのは憂鬱ではある。

さて、今年の聴き始めであるが、最近はあまり深く考えずに選盤している。硬派でスカっとする純ジャズが良い。何にするか。とデータベースを漁っていて、これに決めた。Lee Konitz『Motion』(写真左)。1961年8月の録音。ちなみにパーソネルは、Lee Konitz (as), Sonny Dallas (b), Elvin Jones (ds)。

パーソネルを見ただけで、この盤は普通のセッションの演奏では無いことが判る。まず、ピアノがいない。アルトのコニッツのピアノレス+ワンホーン盤。しかも、ドラムがポリリズムの鬼、エルビン・ジョーンズときた。ベースのソニー・ダラスについてはあまり知らない顔だが、この際、関係無い。

収録された全5曲ともスタンダード曲なのだが、これがどの演奏も硬派でストイック。甘さも微塵も無い、切れ味の良いインプロビゼーションの嵐である。なんせ、どのトラックでも、コニッツがテーマらしい旋律を奏でること無く、いきなり即興に突入するのだ。心地良い緊張感張り詰める中、コニッツのインプロビゼーションが流れるように響き渡る。
 

Lee_konitz_motion

 
加えて、この盤でのコニッツのアドリブが異常なほどに冷静沈着。かなり難解なアドリブを展開しているのだが、さすが、トリスターノ門下、クール・ジャズの後継者、その音は決して熱くならない。冷静に難解なアドリブを涼しげに展開していく。こういうインプロビゼーションが「クール」というのだろう。

バックの二人も好演。ソニー・ダラスのベースが意外と良い。腹に響く骨太のウォーキング・ベースはコニッツのアドリブのビートをしっかりと支える。好調で本気のエルビン・ジョーンズのドラミングは素晴らしくて当たり前。この盤でのエルビンは好調。耳にも軽やかな絶妙のポリリズミックなドラム・ワーク。

正月早々、こういう硬派でストイックでスカっとする純ジャズは良いなあ。コニッツの「冷静沈着な熱中」のアルトは聴き応え満点です。こういうアドリブ演奏を「クール」と表現するんでしょうね。ちなみに、ジャケットで手前に大きく写っているのは、エルビン・ジョーンズの手。

それでは今年もよろしくお願いします。

 
 

震災から4年9ヶ月。決して忘れない。まだ4年9ヶ月。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« 今年もよろしくお願いします | トップページ | 聴き初めのアルトの「続き」 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/63288344

この記事へのトラックバック一覧です: 今年の聴き始めは「これ」:

« 今年もよろしくお願いします | トップページ | 聴き初めのアルトの「続き」 »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ