最近のトラックバック

« 鈴木良雄 & Generation Gap | トップページ | 『ジム・ホールの想い出』に感服 »

2016年1月20日 (水曜日)

ドラムレス・トリオの音が新鮮

ベーシストがリーダーのアルバムが面白くて、まだまだその聴き直しは続く。ベーシストがリーダーと言えば、やはり「ロン・カーター」だろう。ジャズ・ベースのレジェンドの一人。1937年生まれなので今年79歳ですが、まだまだ意気軒昂。そのベース・プレイはしなやかで活力のあるもの。

そんなロン・カーターがリーダーで結成したバンドが「ゴールデン・ストライカー・トリオ」。パーソネルは、Donald Vega (p), Russell Malone (g), Ron Carter (b)。ギターとピアノとベース。ドラムレスのオールド・スタイルなピアノ・トリオ。21世紀の今、このドラムレス・トリオを主宰するロンの趣味の良さ。

そのゴールデン・ストライカー・トリオのライブ盤がある。Ron Carter Trio『Cocktails At The Cotton Club』(写真左)。邦題は「Live In Japan : コットンクラブでカクテルを」。まるでバブル時代の様な「歯の浮くような邦題」である(笑)。しかも、リリースするレーベルが日本の「サムシン・エルス」。

これだけ見れば、このアルバムって、日本のレーベルお得意の、売らんが為の「ベッタベタな純ジャズ基調の企画もの」という臭いがプンプンする。これはなあ、とちょっと触手が伸びない。リリースは2013年。このアルバムを手にするまで2年かかった。

さて、改めて、Ron Carter Trio『Cocktails At The Cotton Club』である。2012年12月14日、15日 丸の内コットンクラブにてライヴ録音になる。まず、録音が良い。左側がピアノ、右側にギター、正面手前からのベースと、音像がくっきりと浮かび上がる。
 

Cocktails_at_the_cotton_club

 
そして、しっかりと分離された音が渾然一体となって、耳に滑り込んでくる。臨場感溢れ、音がグッと迫ります。音が良いと言うことはライブ盤では必須の要素で、そういう意味ではこのライブ盤は合格。

加えて、ロンのベースの音が良い。まず、ロンのベースの長年の懸案であった「ピッチ」がバッチリと合っている。音程がしっかりしたロンのベース。これでこそ、ロンのベース・テクニックが映えるというもの。ベースの胴鳴りも心地良く、ロンのベースを心ゆくまで堪能することができる。

ギターは中堅どころの名手マローン、ピアノもこれまた中堅どころの名手ベガ。ロンは良いメンバーを選んだもんだ。テクニックは申し分無く「歌もの」が得意な二人、自らが唄う様に演奏することはもちろんのこと、ロンがソロを取った時のラッセルとベガのバッキング(歌伴)は絶妙である。これだけ、ベースのソロを唄わせることの出来るバッキング(歌伴)はなかなか他では聴けない。

「ベッタベタな純ジャズ基調の企画もの」ではないか、という警戒心が杞憂であることが明確になる、なかなか聴き応えのある内容です。選曲は思いっきりスタンダードものばかりなので、スリリングで革新的な展開は無いのですが、趣味の良い、切れ味の良い、ネオ・ハードバップなドラムレス・ピアノ・トリオの演奏を聴くことが出来ます。

全くジャズを知らない音楽ファンやジャズ者初心者の方々に向くかと思いきや、意外と、ジャズ者中堅からベテランの方々にお勧めしたい、メインストリームなジャズのライブ盤です。特に、ドラムレス・トリオの音が新鮮に響きます。好盤です。

 
 

震災から4年10ヶ月。決して忘れない。まだ4年10ヶ月。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« 鈴木良雄 & Generation Gap | トップページ | 『ジム・ホールの想い出』に感服 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/63560352

この記事へのトラックバック一覧です: ドラムレス・トリオの音が新鮮:

« 鈴木良雄 & Generation Gap | トップページ | 『ジム・ホールの想い出』に感服 »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ