最近のトラックバック

« リー・コニッツのクール・ジャズ | トップページ | 音楽喫茶『松和』の昼下がり・29 »

2016年1月14日 (木曜日)

ビ・バップを体感できるライブ盤

年初から続いているジャズの「アルトサックス」のアルバム聴きのシリーズ。意外とアルト・サックスってバリエーション豊かで面白い。そう言えば、アルト・サックスって最近、集中して聴いていなかったなあ。ということで、まだまだ続く「アルト・サクソフォーニスト」の特集。

今日は、ジャズのアルト・サキソフォンといえば、この人だろう、そう「チャーリー・パーカー(Charlie Parker)」。ビ・バップの祖の一人。「モダン・ジャズ(ビ・バップ)の父」。ジャズを聴く上で、この人の演奏は避けられないだろう。いつかは聴かなければならない、マスト・ミュージシャンの一人である。

そんなチャーリー・パーカーであるが、彼のアルバムについては、録音した時代が古いこともあって音もあまり良く無く、テクニック優先のビ・バップの演奏が中心なので、ゆっくりそのプレイを楽しむという類のものでは無い。そういう意味で、パーカーを楽しむことの出来るアルバムはあまり多く無いというのが本音。

そんな中、このアルバムは、音はあまり良く無いが意外と聴き易く、パーカーのビ・バップの演奏の特徴をしっかりと掴むことが出来る、僕のお気に入りアルバムの一枚である。Charlie Parker『The Washington Concerts』(写真左)。2001年の発掘リリースになる。なんとリリースしたレーベルはブルーノートなんですね。さすがです。

タイトル通り、米国の首都、ワシントンDCでのライブ録音。1952年10月と1953年3月はThe Howard Theater、1953年2月はClub Kavakosでの録音となっている。ビ・バップのピークは1940年代後半なので、ビ・バップからハードバップへ移行し始めた、ビ・バップにとって微妙な時期の録音になる。
 

Parker_the_washington_concerts

 
とある楽曲からコード進行を借用し、そのコード進行に乗って、いかにイマジネーション溢れる、かつ疾走感溢れるハイテクニックなアドリブを聴かせるか。そんな一種アクロバティックな、瞬間芸の様なジャズ。そんな「ビ・バップ」という演奏形態が、このライブ盤では手に取るように判る。

アルバムの最初から最後まで、パーカーの熱い「ビ・バップ」のアルト・サックスが堪能出来ます。とにかくテクニックが凄い。どうやったら、これだけ滑らかな、これだけ複雑でアクロバティックな、そして魅力的なアドリブ・フレーズが紡ぎ出せるのか。とにかく、パーカーは天才でした。

実は、私、ビ・バップについては、このライブ盤を聴いて、やっと理解出来る様になりました。そういう意味で、このCharlie Parker『The Washington Concerts』というライブ盤は、僕にとって記念すべきライブ盤です。ジャケットも何気に良い感じですしね。

フレーズの流麗さを聴くのでは無く、そのテクニックの凄さ、複雑でアクロバティックなアドリブ・フレーズという「瞬間芸」を楽しむ様な塩梅なんだとやっとこさ理解して、チャーリー・パーカーもディジー・ガレスピーも楽しめる様になりました。

 
 

震災から4年10ヶ月。決して忘れない。まだ4年10ヶ月。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« リー・コニッツのクール・ジャズ | トップページ | 音楽喫茶『松和』の昼下がり・29 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/63470268

この記事へのトラックバック一覧です: ビ・バップを体感できるライブ盤:

« リー・コニッツのクール・ジャズ | トップページ | 音楽喫茶『松和』の昼下がり・29 »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ