« ジャズ喫茶で流したい・75 | トップページ | モード・ジャズなマクリーン »

2016年1月 8日 (金曜日)

先取性の高いマクリーン

今週の「聴き始め」週間は、図らずも「アルト・サックス」週間となっている。初日、リー・コニッツから始まって、フィル・ウッズ、そして、アート・ペッパーと来た。そう来たら、次は「ジャキー・マクリーン」である。

ジャキー・マクリーンは前進する、進歩するアルト・サックス奏者であった。ハードバップ全盛期にデビューするが、彼はハードバップに安住することは無かった。オーネット・コールマンが出現するや、オーネットの限りなく自由度の高いジャズに手を染め、新主流派のモーダルな演奏が出現すれば、モーダルな演奏にチャレンジする。マクリーンは先取性の高いジャズメンであった。

さて、そんな先取性の高いマクリーンを象徴するアルバムの一枚がこれ。Jackie McLean『One Step Beyond』(写真左)。1963年4月の録音。ブルーノートの4137番。ちなみにパーソネルは、Jackie McLean (as), Grachan Moncur III (tb), Bobby Hutcherson (vib), Eddie Khan (b), Tony Williams (ds)。 

このアルバムは、パーソネルを見れば判るように、当時の先端のジャズの演奏トレンドを追求したアルバムである。聴くと判るのだが、このアルバムでは、オーネット・コールマン系のフリー・ジャズを追い求めているように感じる。

それでいて、ハードバップの様に演奏における構成、展開については、しっかりとアレンジされていることを感じる。単純にオーネットのフリー・ジャズを追い求め、コピーする様な安易で単純なアプローチに飛びつかない、マクリーンのしたたかさを感じる。
 

One_step_beyond

 
冒頭の「Saturday and Sunday」のテーマを奏でるバンドの音を聴くだけで、ただならぬ雰囲気を感じる。もはやこの雰囲気はハードバップでは無い。明らかに、ハードバップの次に来るべき新しいジャズの演奏トレンドである。フリーでありモードである。

このアルバムでは、まだモードの影は薄い。明快に感じるのは、オーネット・コールマンの様な、限りなく自由度の高いハードバップ的な演奏。オーネットほどにはフリーでは無いが、明らかにハードバップよりは遙かに自由度が高い。

ハードバップからモードへの移行の過渡期ならではのユニークな演奏の雰囲気がこのアルバムの個性である。いわゆる「フリーの要素を持つ4ビート」なスタイルで、この時期だけの、特別にユニークなスタイルである。

限りなく自由度の高いフリーなサウンドだが、作編曲がきっちりとしている。恐らく、ブルーノートの総帥であり、プロデューサーである、アルフレッド・ライオンの指導の賜ではないかと想像する。フリーなサウンドではあるが調性を保っているところがユニークである。マクリーンのアレンジ力を感じる。

アルバムを録音する時点でのジャズの演奏トレンドをしっかりと取り入れ、自分のバンド・サウンドに反映する。マクリーンの先取性と応用力の高さを強く感じる。さらに、そんなマクリーンのトレンドを取り入れる「柔軟性の高さ」を実感出来る好盤です。

 
 

震災から4年9ヶ月。決して忘れない。まだ4年9ヶ月。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« ジャズ喫茶で流したい・75 | トップページ | モード・ジャズなマクリーン »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 先取性の高いマクリーン:

« ジャズ喫茶で流したい・75 | トップページ | モード・ジャズなマクリーン »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー