« ウィントンらしいXmas曲集 | トップページ | マルサリスお父さんのXmas曲集 »

2015年12月21日 (月曜日)

ジャズロックは進化している

ジャズは何も昔の「文化遺産」ばかりを聴くだけでは能が無い。新しいジャズメンをアルバムを聴くことも大切である。「今のジャズ」に触れることによって、昔のジャズを再確認する。いわゆる「温故知新」である。

最近聴いた今年の新譜の中で、このアルバムにはたまげた。Wayne Krantz『Good Piranha / Bad Piranha』(写真左)。内容的には明らかにジャズロック。リーダーのクランツのエレギは明らかにロック畑。このアルバムはいわゆる「ロックからジャズへのアプローチ」。ジャズからロックのアプローチの様に粘っこくなく、サラッとした「クロスオーバーなジャズロック」。

リーダーのウェイン・クランツは、ニューヨークで最も注目を集めているギタリストの一人。昨今はスティーリー・ダンのツアーに参加したり、ドナルド・フェイゲンの最新作「Morph The Cat」に参加するなど、サイドメンとしての活躍も目覚ましい。ロックからジャズへのアプローチ」。いわゆる、ジェフ・ベックやアラン・ホールズワースと同類である。

独特の音色を持ったエレギで、ドライ感があって、エフェクトが効果的で音の広がりと漂い方が個性的。ロック然としたコードリフで周りをプッシュし、飛翔感を醸し出す。適度なうねりを伴ったグルーブは「サラッとしたファンクネス」。
 

Good_piranha_bad_piranha

 
どこかにありそうな音色なんだが、いろいろ振り返った挙げ句、これって新しいエレギの音色なんだ、ということに落ち着く、温故知新なエレギの音色。テーマやアドリブの展開よりも。変幻自在なグルーブ感でグイグイと惹きこむ様なフレーズを畳みかけるクランツのエレギは唯一無二。

このアルバムの収録曲はユニークな構成で、盟友キース・カーロック(ds)と、ネイト・ウッド(b)、ティム・ルフェビュール(b)という二人のベーシスト(ネイトは後半4曲でドラムを担当)をそれぞれ起用した「2種類のトリオ」で、全く同じ4曲を順に演奏したもの。

聴いていただかないとそのニュアンスが伝わらないが、どちらのトリオ演奏もそれぞれの個性が滲み出ていて興味深く、そんな二つのトリオで、ウェイン・クランツのエレギの個性は全く揺らぎが無い。個性的な「サラッとしたファンクネス」を主体としたエレギのフレーズは明らかに「ジャズロック」。

このクランツの新譜を聴いていて、21世紀のジャズロックを感じました。「ロックからジャズへのアプローチ」なジャズロック。20世紀のジャズロックとはちょっと雰囲気が異なる、新しい響きと音色が詰まったジャズロック。ジャズロックの進化がこのアルバムに詰まっています。

 
 

震災から4年9ヶ月。決して忘れない。まだ4年9ヶ月。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« ウィントンらしいXmas曲集 | トップページ | マルサリスお父さんのXmas曲集 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジャズロックは進化している:

« ウィントンらしいXmas曲集 | トップページ | マルサリスお父さんのXmas曲集 »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー