最近のトラックバック

« ジョンの命日に思いを馳せる | トップページ | 真の「大人のフュージョン」 »

2015年12月13日 (日曜日)

Dave Grusinの傑作の一枚

1970年代後半から1980年代前半のフュージョン・ジャズのブーム。フュージョン・ジャズにおいては「アレンジ」という技は大変重要な位置を占める。電気楽器中心のフュージョン・ジャズは、音の重ね方、フロントとバックの演奏のバランスなど、アコースティック楽器中心のジャム・セッションには無い難しさがある。

そんなフュージョン・ジャズのアレンジャーとして、僕が一目置いてきたのは、ボブ・ジェームス、デイブ・グルーシン、デビッド・マシューズの3人。この3人には、ジャズ者初心者の頃、大変お世話になった。とにかく、素晴らしいアレンジなのだ。聴き易くて、味わいがあって、奥深さがある。

そんな味わい深さを強烈に感じさせてくれるアレンジャーが「デイブ・グルーシン(Dave Grusin)」。フュージョン・ジャズ、アダルト・コンテンポラリー及び映画音楽を代表するピアニスト、アレンジャー。ピアニストとしては、独特の音色とフレーズが特徴的で、一聴すればすぐ判るほどの個性。アレンジも音の重ね方、バランスが特徴的で、一聴すればすぐ判るほどの個性。

デイブ・グルーシンのキーボード、そして、アレンジにはファンクネスが希薄。逆に、クラシック音楽にも通ずる音の美しさ、煌めきが特徴。録音の傾向については、少し深めのエコーが叙情的でかつ印象的。そんな特徴、個性が一番出ているアルバムがこれだと感じている。

そのアルバムとは、Dave Grusin『Night Lines』(写真)。1983年のリリース。1983年と言えば、フュージョン・ジャズのブームも終焉を迎え、リリースされたフュージョン・ジャズのアルバムも内容的にはイマイチのものばかりがリリースされていた時代。そんな中、この『Night Lines』は白眉の出来で、他のアルバムを引き離してその内容は際立っていた。
  

Night_lines

 
ちなみにパーソネルは、Dave Grusin (p,syn), Ed Walsh (syn), David Sanborn (sax), Marcus Miller, Lincoln Goines (b), Buddy Williams (ds), Rubens Bassini (per), Phoebe Snow, Randy Goodrum (vo)。フュージョン・ジャズの著名なプレイヤーがズラリと勢揃い。フュージョン時代末期、圧巻のパーソネルである。

このアルバムは、リズム・セクションが打ち込み中心で作られている様で、アルバムの内容としては、グルーシンのアレンジとグルーシンのキーボードを中心に愛でる、グルーシンの、グルーシンによる、グルーシンの為のアルバムと言えるでしょう。フュージョン・ジャズの高テクニックな丁々発止とした演奏を期待する盤ではありません。

逆に、グルーシンのアレンジとキーボードを愛でるに、これだけ最適な盤は無い。アレンジとキーボードのグルーシンということのみに着目すると、このアルバムはデイブ・グルーシンの最高傑作に位置する盤ではないかと思っています。グルーシン独特の音色とフレーズ、音の重ね方、バランスが実に良く理解出来る、グルーシンを理解する為のアルバムですね。

アルバム全体の内容的には「フュージョン・ジャズ、ここに極まれり」という位の、フュージョン・ジャズの一つの完成形を我々に聴かせてくれます。良いアルバムです。フュージョン者の方々には是非一聴をお勧めしています。

 
 

震災から4年8ヶ月。決して忘れない。まだ4年8ヶ月。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« ジョンの命日に思いを馳せる | トップページ | 真の「大人のフュージョン」 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/62949365

この記事へのトラックバック一覧です: Dave Grusinの傑作の一枚:

« ジョンの命日に思いを馳せる | トップページ | 真の「大人のフュージョン」 »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ