最近のトラックバック

« 音楽喫茶『松和』の昼下がり・28 | トップページ | サザン・ロックのジャズ・ロック »

2015年12月18日 (金曜日)

ジャズ喫茶で流したい・73

このアルバムの音源をずっと探していた。2度ほどCDでリイシューされたのだが入手できず。リイシューされた中古CDは高額で手が出ず。いよいよLPに手を出すしか無いか、と思っていたら、ひょんなことから音源が手に入った。

そのアルバムとは、Arthur Blythe『Illusions』(写真左)。1980年の作品。Arthur Blythe (as), Abdul Wadud (cello), James Blood Ulmer (g), Bob Stewart (tuba),  John Hicks (p), Fred Hopkins (b), Bobby Battle, Steve McCall (ds)。

楽器の構成を見れば、通常のジャズの作品では無いことは直ぐに判る。チェロがある、チューバがある、この辺はギル・エバンスに通ずる楽器構成。バンドの音に深みが出来て、彩りが豊かになる。

そして、ギターにアバンギャルド・ギターのウルマーが参加し、アブストラクトとメインストリームの両刀遣いのピアニスト、ジョン・ヒックスがいる。重低音なブンブン・ベースのホプキンスがいる。この面子を見ただけで、このアルバムに詰まっているジャズは、純ジャズでもなければ、録音当時、流行していたフュージョン・ジャズでもない。

エレクトリック・マイルスの音をアコースティック楽器中心に置き直した感じのコンテンポラリーなジャズがギッシリ詰まっている。収録された曲の全てが、リーダーのブライスのオリジナル。

1曲目の「Bush Baby」を聴いただけで、このアルバムは「ただ者」では無いことが良く判る。チューバ、ギター、チェロ、ドラムスという独特のアンサンブルが刺激的で、ベースの入らない変則編成の「捻れてぶっ飛んだ」演奏に、思わず脳髄がギシギシ刺激されます。グチュグチュグチュなウルマーのギターが堪らない。
 

Illusions

 
2曲目の「Miss Nancy」とラストの「As of Yet」では、逆にベースのホプキンスが参入して大暴れ。重低音を振り撒いて、すさまじいドライブ感が爽快なベースは唯一無二。無敵の超弩級のエレベです。怒濤の様なウォーキング・フレーズ。

タイトル曲「Illusions」は、337拍子ならぬ、223拍子と334拍子が混ざった変則拍子な「捻くりまくった」限りなく自由度の高い演奏。新しい感覚に耳を奪われる。今の耳で聴いても、新しい感覚の音。

リーダーのブライスのアルトは切れ味良く、エッジが「立った」音。適度にヴィブラートがかかって、尖りまくったフレーズが「ただ者」ではない雰囲気を色濃く醸し出す。アバンギャルドな香りがかなり色濃い反面、不思議と聴き易さもあって、捻れてぶっ飛んだ」演奏ばかりなアルバムですが、意外とすんなりと一気に聴き通してしまいます。

ロフトジャズの総決算だとか到達点だとか、当時は評価されていましたが、このアルバムは決してフリー・ジャズなアルバムではありませんし、アブストラクトなジャズ盤でもありません。僕の耳には、メインストリームなジャズにカテゴライズされていて、その「捻れてぶっ飛んだ」フレーズの連続の心地よさに、思わず「ヘビロテな盤」になっています。

いや〜、やっぱりこの盤は良いですね。ずっと探していて探し疲れて諦めかけていた時に、ラッキーにもひょんなことから音源が手に入って、ほんまにラッキーでした。今年の我がバーチャル音楽喫茶『松和』の10大ニュースの上位に位置するリイシュー音源ゲットでした。

 
 

震災から4年9ヶ月。決して忘れない。まだ4年9ヶ月。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« 音楽喫茶『松和』の昼下がり・28 | トップページ | サザン・ロックのジャズ・ロック »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/63033958

この記事へのトラックバック一覧です: ジャズ喫茶で流したい・73:

« 音楽喫茶『松和』の昼下がり・28 | トップページ | サザン・ロックのジャズ・ロック »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ