最近のトラックバック

« やっとこのトランペットに再会 | トップページ | ジョンの命日に思いを馳せる »

2015年12月11日 (金曜日)

ジャズ喫茶で流したい・72

今を去ること35年前。ジャズを聴き始めた頃、当時は「これはあかん、真っ当に聴かれへん」と敬遠していたフリー・ジャズ。不思議なもんで、ジャズを聴き続けて20年ほど経った頃から、スッと憑きものが取れた様に、フリー・ジャズが聴ける様になった。

それから、定期的にフリー・ジャズを聴いている。まあ、相当にアブストラクトでフリーキーな演奏ばかりである。そうそう毎日、聴き続けることは出来ない。一週間に1枚もしくは2枚程度かなあ。それでも、フリー・ジャズについては、全く抵抗無く聴ける様になった。

さて、そんなフリー・ジャズであるが、そのアルバムが発売された当時は、完全にフリー・ジャズな演奏だと感じていたのに、今の耳で聴くと意外とそうではなく、限りなくフリーではあるが、どちらかと言えばモーダルなジャズなんではないか、と感じるアルバムが多々ある。

例えば、このアルバムがそうである。Archie Shepp『Steam』(写真左)。1976年5月の録音。当時、西ドイツのニュルンベルグでの「East-West Jazz Festival」のライヴ録音。ちなみにパーソネルは、Archie Shepp (ts,p), Cameron Brown (b), Beaver Harris (ds)。シェップ自身がピアノを弾いているが、テナーを吹きながら、同時にピアノは弾けないので、ピアノレス・トリオと解釈して良いだろう。

シェップのフリーなブロウの特徴が良く判るのが、冒頭の「A Message from Trane」。演奏時間約19分の長編。ジョン・コルトレーンに捧げられた演奏なのだが、シェップは、彼の個性を前提にしながら、コルトレーンのフレーズ、吹き方を真似て吹きまくる。
 

Archie_shepp_steam

 
シェップのブロウは良い意味で「軽い」。フリーキーなフレーズが軽快に展開される。そして、アドリブ・フレーズが判り易く、聴き易い。疾走するブロウの中で、安定した和音感覚を駆使して、判り易く聴き易いフレーズを叩き出していく。難解で捻れた不協和音をひねり出すことは無い。そして、コルトレーンの様に「馬の嘶き」の様なアブストラクトな咆哮を吹きまくることは無い。

以下の収録曲を見渡すと、1970年代のシェップはスタンダードをフリーに演奏した。このアルバムでもスタンダード曲を好んで採り上げている。これが面白い。フリー・ジャズな演奏は決まって本人のオリジナル曲であることが殆どなのだが、シェップはスタンダード曲を採用して、これを限りなくフリーな演奏で軽快に解釈していく。

1. A Message from Trane (Cal Massey)
2. Solitude (Eddie DeLange, Duke Ellington, Irving Mills)
3. Invitation (Bronislaw Kaper, Paul Francis Webster)
4. Ah-Leu-Cha (Charlie Parker)
5. Steam (Archie Shepp)
6. 52nd Street Theme (Thelonious Monk)

5曲目の「Steam」だけが、シェップの自作曲。1曲目の「A Message from Trane」はカル・マッセイ作の、4曲目の「Ah-Leu-Cha」はチャーリー・パーカー作のミュージシャンズ・チューンを採用しているところが渋い。

Enjaレーベルの音質の良い録音も特筆すべき特徴。フリーキーなフレーズが軽快に展開される。限りなくフリーではあるが、どちらかと言えばモーダルなジャズの響きが実に軽快である。良いアルバムです。フリー・ジャズ入門盤としても最適でしょう。

 
 

震災から4年8ヶ月。決して忘れない。まだ4年8ヶ月。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« やっとこのトランペットに再会 | トップページ | ジョンの命日に思いを馳せる »

コメント

こんにちは
フリー・ジャズを週に1回も聞くのですね
さすがって感じです
自分もと思いましたが、自分はその手のCDは1枚も持ってないのに気がつきましたw
自分は、アヴァンギャルドなジャズ、フリー・ジャズ、フリー・フォーム、アブストラクトなジャズなどのきちんとした違いもよく解りません
でもアヴァンギャルドなフリー・ジャズという文言は成り立つようなので、アヴァンギャルドなこととフリーなことが違うということは解りました
仕方が無いのでフリー・ジャズの香りがそこはかたなくするCDでも聞いておきます

どうもkuraさん、松和のマスターです。
 
フリージャズとは言っても、必要最小限な決め事がそれぞれあって、
その決め事に従って自由に吹くので、フリージャズとかアバン
ギャルドジャズとか言っても、ある部分、定型の部分があるんで、
意外と聴けますよ。

特に、1960年代のフリージャズと呼ばれるものは今の耳で聴くと、
激しい演奏を前面に出したモードジャズの一種と感じます。といって、
フリー・ジャズを聴かないとジャズが判らないという類のもの
でも無いので、無理に聴く必要も無いのでは、と常々思っています。
 
 
ジャズの演奏スタイルの裾野は広いですからね〜。
 

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/62921053

この記事へのトラックバック一覧です: ジャズ喫茶で流したい・72:

« やっとこのトランペットに再会 | トップページ | ジョンの命日に思いを馳せる »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ