最近のトラックバック

« こんなアルバムあったんや・52 | トップページ | 第3期RTFのライブ音源 »

2015年11月13日 (金曜日)

思い切りブルーノートな盤

ブルーノート・レーベルのアルバムというのは、他のレーベルのアルバムとは違った、明らかにブルーノートの音と判る個性を兼ね備えている。録音の響きとアレンジ。独特のユニゾン&ハーモニー。ブルーノートに録音するジャズメンは、必ず、このブルーノートの音の個性を意識する。

そんなブルーノート・レーベルの盤の中でも、明らかにこれは「思いっきりブルーノートな」雰囲気を色濃く持った盤というのがある。例えば、このTina Brooks『True Blue』(写真左)。1960年6月の録音。ちなみにパーソネルは、Tina Brooks (ts), Freddie Hubbard (tp), Duke Jordan (p), Sam Jones (b), Art Taylor (ds)。

冒頭の「Good Old Soul」を聴くだけで、もう気分は「ブルーノート」。哀愁とファンクネスが色濃く漂うティナのテナー。ブルーノートが育てたハバードのトランペット。ティナとハバードのユニゾン&ハーモニーは、限りなく「ブルーノート」の響き。その響きに、ブルーノートならではのエコーがかかる。

やはり、ブルーノートの総帥、アルフレッド・ライオンの成せる技なんだろう。彼は録音される音に対しても「ブルーノートらしさ」を求めた。そして、そのブルーノートらしい音について、その「方針と方向性」を明確にしていた。そして、それは彼がプロデューサーであった間、一切ぶれることは無かった。
 

True_blue

 
そして、このリズム・セクションの人選がブルーノートである。哀愁のティナのテナーに、哀愁のピアニスト、ジョーダンをぶつける。ハバードが吹きまくり暴れまくると困るので、ジョーンズの重力級ベースで押さえを効かせて、テイラーの職人芸的ドラミングで全体をきっちり整える。良く考えられたリズム・セクションです。

ジャケットだって、思いっきり「ブルーノート」している。斬新なデザイン、意外性満載の写真の使い方、写真のカットの仕方。そして、ブルーノート・レーベルのジャケット独特のタイポグラフィー。このジャケットを見るだけで、もうブルーノートっぽい音が聴こえてきそうです。

加えて、収録された楽曲はそれぞれ出来が良い。そして、バラツキが無い。リハーサルをしっかりと積んでいる証拠だ。アンサンブルがバッチリ決まっている。演奏全体の展開にも破綻は無い。ミドル・テンポの楽曲を核に、ジャズのアドリブ・フレーズをジャズメン毎の個性を、ジックリと確実に聴かせてくれる。これがブルーノートである。

このティナの『True Blue』は、とてもブルーノートらしい盤の一枚。ティナの少し気怠い感じのファンクネス溢れるテナーの音は正に「ブルーノート・レーベル」。ブルーノートの音を語る上で、このアルバムに詰まった音は絶対に外せない。

 
 

震災から4年8ヶ月。決して忘れない。まだ4年8ヶ月。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« こんなアルバムあったんや・52 | トップページ | 第3期RTFのライブ音源 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/62497691

この記事へのトラックバック一覧です: 思い切りブルーノートな盤 :

« こんなアルバムあったんや・52 | トップページ | 第3期RTFのライブ音源 »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ