最近のトラックバック

« 音楽喫茶『松和』の昼下がり・26 | トップページ | こんなアルバムあったんや・52 »

2015年11月11日 (水曜日)

ビ・バップなサックスを感じる

ソニー・スティットは、ビ・バップ時代を代表するサックス奏者の一人。ハードバップ時代にもその活躍は続くが、サックスを吹くスタイルは、終始「ビ・バップ」スタイルを貫いている。

テクニック確かに、流れる様な高速アドリブ・フレーズを展開。ビ・バップ時代の他のサックス奏者と比べて、意外とキャッチャーで親しみのあるフレーズが特徴。特に、バラード表現に優れる。サックスについては、アルトもテナーもこなす。パーカーに似ているとか、パーカーの物真似などど揶揄されることが多いが、しっかりと聴くとそんなことは無い。無責任な喧伝である。

そんなソニー・スティットであるが、彼のリーダー作はかなりの量にのぼる。多作である。スティットのサックスは基本的に安定して優秀な為、彼のリーダー作に駄作はほとんど無い。というか、僕は彼のリーダー作を聴いて、期待を裏切られたことは無い。それほど、彼のリーダー作は多作でありながら、安定した内容を誇っている。

それでも、彼のリーダー作の好盤は1950年代に集中している。この時代のスティットのリーダー作はどれを聴いても、スティットのサックスの真髄を感じることが出来る。が、僕は、この1972年に録音されたリーダー作が一番のお気に入りである。

そのリーダー作とは、Sonny Stitt『Tune Up』(写真左)。1972年2月の録音。ちなみにパーソネルは、Sonny Stitt (as, ts), Barry Harris (p), Sam Jones (b), Alan Dawson (ds)。スティットのサックスの最良のパフォーマンスを聴くことが出来る好盤中の好盤である。
 

Tune_up

 
収録曲は全7曲。全収録時間は38分弱のアルバムであるが、この38分弱の時間の中、スティットのサックスが疾走する。1950年代から、全くブレない「ビ・バップ」スタイルなサックス。目眩く展開。歌心溢れるアドリブ・フレーズ。

このアルバムの中、とにかくスティットは吹きまくる。冒頭のタイトル曲「Tune Up」を聴けば、それが良く判る。曲が始まる。いきなり、スティットのサックスが飛び出る。走る。吹きまくる。「後についてこい」と言わんばかりの疾走感。縦横無尽、天衣無縫、硬軟自在に吹きまくる。スピード感溢れ、迫力満点。

スティットがサックスを吹きに吹きまくるので、バックのリズム・セクションの役割は大きい。しっかりとリズム&ビートをキープ、コントロールしつつ、先ずはスティットのスピードについていかなければならない。これは大変にテクニックと経験が必要なものなんですが、ハリス、ジョーンズ、ドーソンのリズム隊はそれをガッチリと実現している。

優れたリズム・セクションをバックに得てのスティットのサックスの疾走。聴き応え満点です。スティットのサックスを心ゆくまで堪能する、というか、スティットのサックスだけを心ゆくまで堪能する為のアルバムです。「ビ・バップ」スタイルなサックスを感じたい向きには、このアルバム『Tune Up』をどうぞ。

 
 

震災から4年8ヶ月。決して忘れない。まだ4年8ヶ月。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« 音楽喫茶『松和』の昼下がり・26 | トップページ | こんなアルバムあったんや・52 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/62468056

この記事へのトラックバック一覧です: ビ・バップなサックスを感じる:

« 音楽喫茶『松和』の昼下がり・26 | トップページ | こんなアルバムあったんや・52 »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ