最近のトラックバック

« 硬派でアートなハンコックです | トップページ | 初期のバートンはクロスオーバー »

2015年11月20日 (金曜日)

Four80Eastのスムース・ジャズ

こういうジャズもあるなあ、と感慨に耽ることもある。シンセサイザーと打ち込みリズム中心の「スムース・ジャズ」。1980年代後半、フュージョン・ジャズの聴き心地とソフト&メロウな部分を前面に押し出した、フュージョン・ジャズの発展形である。

今日、聴いたスムース・ジャズの新譜が、Four80East『Positraction』(写真左)。フォー・エイティ・イースト(Four80East)は、ロブ・デボール(Rob DeBoer)とトニー・グレース(Tony Grace)という2人が中心のプロジェクト・バンド。

ヒップ・ホップやヘビーなファンクが混ざったアシッド・ジャズと呼ばれる要素やユーロやハウスの音の雰囲気を織り交ぜながら、サックスやギターのアコースティックな楽器の演奏と、エレクトロなプログラミングをブレンドした、何ともクールな音世界である。

僕にとってはキーボードの音がたまらない。シンセサイザーとフェンダー・ローズの音色がとことん良い。このシンセとローズの音が、ソフト&メロウな要素を増幅する。そして、聴き応えが心地良いエレクトリック・ジャズが展開される。絵に描いた様な「スムース・ジャズ」である。
 

Four80east_positraction

 
日本ではまだまだ、こういう「スムース・ジャズ」はなかなか「うけない」。特に、純ジャズ命の硬派なジャズ者の方々には、もちろん「許せない存在」なんですよね。確かに、その感覚も理解出来ます。1950年代のアコースティック楽器が中心のハードバップが、本来のジャズの姿だとすると、現代の「スムース・ジャズ」は似ても似つかぬものですからね〜。

エレクトロニカがベースで、ヒップ・ホップやファンク、アシッド、ユーロ、ハウスなどが混在した、打ち込みなリズム&ビートが中心の「聴き心地満点のジャズ」である。確かに、昔のジャズからすると全然似ても似つかぬものですからね〜。

でも、これもジャズである。ジャズの裾野は広く、ジャズの許容量は相当に高い。様々な他のジャンルの音世界と融合して、新しいクールなジャズの音を創り上げていく。

これって、確か、マイルス・デイヴィスが先鞭をつけたアプローチであり、スタイルである。そう、この現代のスムース・ジャズの世界にも、マイルスの「イズム」が息づいているのだ。

 
 

震災から4年8ヶ月。決して忘れない。まだ4年8ヶ月。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« 硬派でアートなハンコックです | トップページ | 初期のバートンはクロスオーバー »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/62602926

この記事へのトラックバック一覧です: Four80Eastのスムース・ジャズ:

« 硬派でアートなハンコックです | トップページ | 初期のバートンはクロスオーバー »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ