最近のトラックバック

« ケッセルの本質を楽しむ。 | トップページ | ケイコ・リーの20周年記念盤 »

2015年11月 7日 (土曜日)

70年代フュージョンの原型

ギターという楽器は繊細な音色を醸し出せるので、ムーディーな旋律表現に向く楽器だ。ジャズの世界でもアグレッシブで攻撃的な表現はあまりしない。趣味良くリズムを刻むか、ムーディーで印象的な旋律を刻む。

1970年代に入ると、ジャズ・ギターはクロスオーバー・ジャズとして、ロックの様なアグレッシブで攻撃的な表現する方向と、イージーリスニング・ジャズとして、ムーディーで印象的な旋律を表現する方向との、大きく分けて2つの方向に分かれていく。

逆に、1960年代は、まだまだ1950年代のハードバップ・ジャズの表現を引き継いで、当時のトレンドだったスタイルであるフリー・ジャズやモーダルなジャズの影響を受けること無く、意外と旧態依然とした表現に終始していた。ムーディーな旋律表現に向くという特徴が仇になった格好である。

1960年代と言えば、まだエレギの発展もまだまだ、当然アタッチメントも無く、ギターの音色は意外とシンプルだった。このシンプルで抑揚表現が苦手だったギターは、フリー・ジャズにもモーダルなジャズにも向かなかった。エレギが楽器として発達し、アタッチメントやアンプが充実して、他の楽器と肩を並べるようになったのである。

1960年代はジャズ・ギター発展にとって「停滞の年代」と思っているんだが、1970年代のイージーリスニング・ジャズとして、ムーディーで印象的な旋律を表現する方向を先取りした様なギタリストがいる。突然変異的な存在で、どうしてこういう方向に走ったのかよく判らないのだが、確かにこのギターは、1970年代のジャズ・ギターのトレンドを先取りしている。
 

Gypsy66

 
そのアルバムとは、Gabor Szabo『Gypsy '66』(写真左)。冒頭が、The Beatlesの「Yesterday」から始まる。従来のジャズ・ギターらしからぬドライさで、明らかにそれまでのジャズ・ギターの旋律表現と一線を画している。明らかにイージーリスニング・ジャズにピッタリの音であり、弾き方である。

アルバムの収録曲を改めて見渡して見ると、ビートルズやバート・バカラックといったポップチューンを前面に押し出しており、意外と旧態依然とした表現に終始していたジャズ・ギターの世界に一石を投じた。のかどうかは知らないが、確かにこのアルバムのギター表現は当時の他のジャズ・ギターとはかけ離れている。

淡々と反復するリフなどは全くもって個性的。アレンジや旋律表現も新しくて、1970年代にやって来る「フュージョン・ジャズ」の原型とも言える内容に、ちょっとビックリする。特にアレンジが斬新で、今の耳で聴いても、飽きが来ないし、古さを感じさせないところが凄い。

良いアルバムです。当時まだバークリー音楽院留学中だった、若き日の渡辺貞夫(ナベサダさん)がフルートで参加していることでも有名なアルバムです。イージー・リスニングなジャズ、フュージョン・ジャズの好きなジャズ者の方々にお勧めです。「温故知新」の気持ちで聴いてみて下さい。

 
 

震災から4年7ヶ月。決して忘れない。まだ4年7ヶ月。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

保存

« ケッセルの本質を楽しむ。 | トップページ | ケイコ・リーの20周年記念盤 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/62409228

この記事へのトラックバック一覧です: 70年代フュージョンの原型:

« ケッセルの本質を楽しむ。 | トップページ | ケイコ・リーの20周年記念盤 »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ