« ホールズワース起死回生の一枚 | トップページ | いわゆる「大人のコラボ」盤です »

2015年10月24日 (土曜日)

ザヴィヌルのエスニックな音世界

1970年代から1980年代、一世を風靡したフュージョン・バンド、ウェザー・リポート(Weather Report)。僕はこのウェザー・リポートの大ファンな訳だが、幾つか気になることがあった。

4枚目の『Mysterious Traveller』から紛れ込んできた、ワールド・ミュージック系の音、アフリカン・ネイティブでアーシーな民俗音楽風の音は誰の趣味なのか。ショーターの趣味にしては、ワールド・ミュージックな雰囲気があからさますぎる。

ジャコ・パストリアスが参入してから、このワールド・ミュージック系の音、アフリカン・ネイティブでアーシーでエスニックな音がかなり幅をきかせ始めたので、ジャコの趣味かとも思ったが、ジャコ参加以前から、そこはかとなく、この音世界が漂っていたので、ジャコが発信源では無い。

実は、このアルバムを聴いた時、このワールド・ミュージック系の音、アフリカン・ネイティブでアーシーでエスニックな音は、ジョー・ザヴィヌルの趣味、仕業だったことに気がついた。そのアルバムとは、Joe Zawinul & The Zawinul Syndicate『Vienna Nights』(写真左)。

故郷ウィーンに開いた自己のクラブ「ジョー・ザヴィヌルズ・バードランド」でのライブ盤である。2005年のリリース。Weather Report解散後,ザヴィヌルのアフリカン・ネイティブでアーシーでエスニックな音は段々と頭角を現し、このアルバムでは、もはや、アフリカン・ネイティブでアーシーでエスニックな音一色。
 

Zawinul_vienna

 
しかし、これほどまでに、ザヴィヌルがアフリカン・ネイティブでアーシーでエスニックな音がお気に入りだったとは思わなかった。好きこそものの上手なれ、というが、確かに、このアルバムでの、アフリカン・ネイティブでアーシーでエスニックな音については、実に上手く創られている。

ザヴィヌルお得意のシンセサイザーによるユニゾン&ハーモニーが実に効果的に響いて、両立のアフリカン・ネイティブでアーシーでエスニックなフュージョン・ジャズ盤に仕立て上げられている。ボーカル入りの曲も約半数を占め、肉声だけで無く、ボコーダーも有効に活用して、エスニック度濃厚な音世界が溢れんばかり。

アフリカン・ネイティブでアーシーでエスニックな音の展開が凄い迫力と内容。ザヴィヌルの本質はここにあったのか、と改めて再認識する。ジャズの原点を押さえた好盤ではあるが、アフリカン・ネイティブでアーシーでエスニックな音を前面に押し出した分、ある意味、通常のメインストリーム・ジャズを超えている。

ワールド・ミュージックがベースのフュージョン・ジャズ。ある意味、真のフュージョン(融合)な音楽であると言える。これほどまで、エスニックな音世界は唯一無二。ザヴィヌルは亡くなったが、彼の音楽は残った。

 
 

震災から4年7ヶ月。決して忘れない。まだ4年7ヶ月。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« ホールズワース起死回生の一枚 | トップページ | いわゆる「大人のコラボ」盤です »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ザヴィヌルのエスニックな音世界:

« ホールズワース起死回生の一枚 | トップページ | いわゆる「大人のコラボ」盤です »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  
2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー