最近のトラックバック

« 円熟「ビル・エヴァンスに捧ぐ」 | トップページ | 大らかで茫洋、包むようなブロウ »

2015年10月11日 (日曜日)

大陸をイメージしたジャズ協奏曲

こういうアルバムを突然、サラリとリリースしてしまうのだから、チック・コリアという「音の表現者」は困る。「困る」というのは冗談だが、今年74歳のチックである。どこまで湧き出てくるのか、枯渇することの無いチックの才能である。

そのアルバムとは、ちょっと長いタイトルになるが、Chick Corea『The Continents: Concerto for Jazz Quintet & Chamber Orchestra』(写真左)。2012年2月のリリースになる。クラシックの老舗レーベルDeutsche Grammophonからのリリース。

クラシックの老舗レーベルからのリリースなので、さぞかしクラシックしているんだろう、と思いきや、そうでは無く、しっかりとジャズのテイストをしっかり押さえているところがチックの「音の表現者」として素晴らしいところ。

Disc1の大作、ジャズ・クィンテットと室内オーケストラのための協奏曲がなんといっても素晴らしい。しっかりとオーケストラの響きを織り込みながら、チックの個性的な流麗でジャジーなピアノが全編に渡ってリードし、チックらしいロマンティックでリズムカルな協奏曲に仕上がっている。

70分を少し越える大作なので、これはきっと飽きるな、と思って聴き始めるんだがこれが意外と飽きない。一応、6つの大陸のパートに分かれているが、明確にそれぞれの大陸の特色を音にしている訳では無い。しかし、全体を通して、音の起伏に富んだ流麗な響きを持った旋律はいかにも「チックらしい」ロマンティックでリズムカルな印象。
 

Chick_corea_the_continents

 
ジャズ・クインテットの演奏がしっかりしているので、共演する室内オーケストラに食われることはないどころか、室内オーケストラの響きを効果的に活かして、ジャズ・クインテットの優秀な演奏がクッキリと浮かび上がってくるようだ。

ジャズ・ミュージシャンの余芸だろうと軽く見てはいけない。この協奏曲の優れた内容に思わず目を見張る。明らかにチックの才能にしか出来ない成果であり、この成果にはしっかりと耳を傾けるべきだろう。 

逆に、Disc2はご愛嬌。ジャズ・クィンテットのパフォーマンスが4曲とチックの短めのソロが11曲。このジャズ・クインテットのパフォーマンス4曲はその出来は白眉。非常に内容のある密度の濃い演奏。後半のチックのソロは、チックが曲想を練る場面を捉えた「音のスケッチ風」。他愛も無いソロ・パフォーマンスが長閑に続く。明らかに冗長に感じる。

チック・コリアが世界の大陸をイメージし「モーツァルトのスピリットの下に創った」という協奏曲。僕達はこの素晴らしい成果を素直に受け止めるべきだろう。

先にも書いたが、まったく、こういうアルバムを突然、サラリとリリースしてくるからチックは困る。僕達、チック者はその度にドッキリし、その度に驚喜する。これがまた楽しい。

 
 

震災から4年7ヶ月。決して忘れない。まだ4年7ヶ月。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« 円熟「ビル・エヴァンスに捧ぐ」 | トップページ | 大らかで茫洋、包むようなブロウ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/62003858

この記事へのトラックバック一覧です: 大陸をイメージしたジャズ協奏曲:

« 円熟「ビル・エヴァンスに捧ぐ」 | トップページ | 大らかで茫洋、包むようなブロウ »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ