最近のトラックバック

« 典型的な新主流派の音世界 | トップページ | 侘と寂、そして「間」を活かす »

2015年10月 1日 (木曜日)

ハードバップと新主流派の間

1960年代初頭から1965年辺りまでの間のメンストリーム・ジャズのアルバムは、聴いていて色々な事情が垣間見えて面白いアルバムが多い。1960年代初頭から1965年辺りまでの間のメンストリーム・ジャズのトレンドは、ハードバップ全盛期からモード、そして新主流派。

ジャズメンにしても、その能力、適応力の違いから、頑固に能動的にハードバップに留まる者、モードに適応し新主流派の一員としてジャズの先端を走る者、どうやってもモードに適用できずハードバップにも戻れず中途半端に終わる者、様々である。

この微妙なトレンドの過渡期に、そのトレンドの違いを明らかにしつつ、適応力による違いを明快に聴かせてくれるアルバムがある。Herbie Hancock『My Point of View』(写真左)。1963年3月の録音。ブルーノートの4126番。ちなみにパーソネルは、Herbie Hancock (p), Donald Byrd (tp), Grachan Moncur III (tb), Hank Mobley (ts), Grant Green (g), Chuck Israels (b), Tony Williams (ds)。

パーソネルを見渡して見ても、このアルバムは、この微妙なトレンドの過渡期に録音されたことが判る。ハービー、モンカー、トニーは後の新主流派の中核メンバー。バード、モブレー、グリーン、イスラエルズはハードバップの強者達。このごった煮の7人でハービーの作曲したハードバップな曲とモーダルな曲を演奏するのだ。

冒頭の「Blind Man, Blind Man」は、聴けば判るのだが、これはもう完全に「Watermelon Man」の二番煎じ、柳の下の二匹目のドジョウを狙ったもので、思いっきりファンキーなジャズ。これは参加メンバー全員が問題無く、喜々として演奏している。良い感じのハードバップな演奏である。
 

My_point_of_view

 
しかし、2曲目の「A Tribute to Someone」に入ると、その様相はガラリと変わる。この徹頭徹尾モーダルな曲を、ペットのバードは我関せずとハードバップなペットを堂々と悪びれずに吹きまくる。違和感が圧倒的。そして、テナーのモブレーは、モーダルに吹こうと努力するのだが、結局モーダルな展開にはならず、中途半端にフルフルと漂う様なフレーズを吹くだけで終わる。つまり、モーダルな曲に適応出来るか出来ないか、この曲でふるいにかけられているのだ。

さすがに、後の新主流派の中核メンバーであるハービー、モンカー、トニーは、全く問題無く、このモーダルな曲に適応していく。このモーダルな曲に適応する者と適応出来ない者との差。あきらかにこの曲の演奏を聴けば判るし、モーダルな演奏に適応していく新主流派のメンバーの演奏が、実にクールで優れていることが実に良く判る。

以降、「King Cobra」「The Pleasure Is Mine」「And What If I Don't」とモーダルな曲が続く。演奏の内容、演奏の傾向は、2曲目の同様。モーダルな曲に適応する者と適応出来ない者との差。これがクッキリと明快に聴き分けることが出来る。

これって、もしかして、ブルーノート・レーベルの総帥、プロデューサーのアルフレッド・ライオンの仕業なのかもしれない。以降のジャズの先端を担う若手ジャズメン、新主流派のメンバーが、それまでのハードバッパーと比べて、如何に個性的で、如何に新しいか、それを聴き手に明確に判らせるために、こういうパーソネルを選び、モーダルな曲を中心に演奏させたのではないか。

このアルバムを通じて、ハードバップな演奏と比較することで、モード、そして新主流派の個性と特徴が良く理解出来る。モード、そして新主流派の演奏を理解する為の、比較広告の様なアルバム。こういうアルバムを録音し、後世に残してくれたブルーノート・レーベル。アルフレッド・ライオンの慧眼恐るべしである。

 
 

震災から4年6ヶ月。決して忘れない。まだ4年6ヶ月。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« 典型的な新主流派の音世界 | トップページ | 侘と寂、そして「間」を活かす »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/61857421

この記事へのトラックバック一覧です: ハードバップと新主流派の間:

« 典型的な新主流派の音世界 | トップページ | 侘と寂、そして「間」を活かす »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ