最近のトラックバック

« ジョンスコの「基本と指針」 | トップページ | 昼下がりSP・デュオ盤特集・7 »

2015年10月18日 (日曜日)

ジョンスコとパットの邂逅です。

新作ではないんですが、このアルバムも初めて入手した類。リーダーのジャズメンはお気に入りなのに、なかなか縁がないのか、入手に至らない盤ってたまにある。特にこのアルバムは双頭リーダーの二人とも大のお気に入りギタリスト。今まで手にしなかったのが不思議。

そのアルバムとは、John Scofield & Pat Metheny『I Can See Your House From Here』(写真左)。1993年12月ニューヨーク、パワーステーションで録音。ちなみにパーソネルは、John Scofield & Pat Metheny (g), Steve Swallow (b), Bill Stewart (ds)。メンバー的には、ジョンスコのトリオにパットが参加したような感じ。

バックのベースの大御所スティーブ・スワロー、ドラムのビル・スチュワート共にかなりの優れもので、フロントで主役の2人のギタリストのパフォーマンスをガッチリ受け止め、がっちりサポートしている様は、実に安定感があり、実に説得力がある。

フロントの二人、主役の二人、ジョンスコとパットであるが、これがまあ、素晴らしいコラボレーションを聴かせてくれている。ぶつかったり、エゴを出し合ったりすることは皆無。お互いの音を聴きながら、しっかりと相手と対話し、しっかりと自らの個性を発揮し、しっかりとユニゾン&ハーモニーする。実に大人のコラボである。
 

John_scofield_pat_metheny

 
サウンド的には、ジョンのAS-200とパットのES175がぶつかり、ユニゾン&ハーモニーするんだが、サウンド的にもお互いの邪魔はしない。どころか、異なるギターの音色がとっても上手く重なり合って、聴いていて、実に心地良いユニゾン&ハーモニーを醸し出す。これは目から鱗。ジョンスコとパットのギターがこんなに相性が良いなんて思ってもみなかった。

曲のよって、ジョンスコとパット、同じ雰囲気の音を出し合って、双子の兄弟の様な、音色の傾向が同じなユニゾン&ハーモニーを醸し出す曲もあれば、ジョンスコとパット、それぞれの個性を前面に押し出して、ジョンスコ色とメセニー色に真っ二つに分かれる曲もある。バリエーション豊かで決して飽きない、優れた内容である。

タイトルは聖書の中の言葉で『わざわざその地に行かずとも私にはそなたの家の様子が手に取るようにわかる』の意。なるほど、ジョンスコとパット、お互いの音を頭で理解すること無く、感覚で解り合えるということか。確かにこのアルバムを聴くとそれがなんとなく納得出来る。それほど、ジョンスコとパットのコラボは息が合っている。

決して、伝統的なジャズ・ギターでは無いが、コンテンポラリーなジャズ・ギターとして、必聴のアイテムでしょう。演奏されるフレーズが親しみ易いものが多いので、ジャズ者初心者の方々にもお勧めです。ちょっと変ちくりんなジャケットに怯まず、手にしても良い佳作です。

 
 

震災から4年7ヶ月。決して忘れない。まだ4年7ヶ月。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« ジョンスコの「基本と指針」 | トップページ | 昼下がりSP・デュオ盤特集・7 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/62106049

この記事へのトラックバック一覧です: ジョンスコとパットの邂逅です。:

« ジョンスコの「基本と指針」 | トップページ | 昼下がりSP・デュオ盤特集・7 »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ